ここから本文です

「アガット」が琥珀ジュエリーの売り上げ一部を産地・久慈に寄付

7/13(土) 10:00配信

WWD JAPAN.com

ジュエリーブランドの「アガット(AGETE)」を運営するエーアンドエスは、久慈琥珀を用いた2019年オータムコレクションの売り上げの一部を、産地である岩手県久慈市へ東日本大震災による災害支援のために寄付する。

【画像】「アガット」が琥珀ジュエリーの売り上げ一部を産地・久慈に寄付

「アガット」の秋の新作はルネサンスの世界観から着想を得ており、新しい始まりを感じさせるコレクションを提案する。高度な技術でリファインド(再生)された久慈琥珀に、ギリシャ・ローマの文化の復興を目指したルネサンスの精神を重なり合わせた。こっくりとした褐色の琥珀のほかにも、絵画のように色彩溢れるカラーストーンやクラシカルモダンな装飾を用いた。価格はネックレス、リングが2万5000円~、ピアスは2万4000円~、チャームは1万3000円~。

今回のチャリティーの実施期間は7月5日~10月4日で、売り上げの一部を久慈市財政課を通じて寄付する。

最終更新:7/13(土) 10:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2093号
2019年7月22日発売

定価500円(税込み)

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事