ここから本文です

ドーバー ギンザ2019-20年秋冬の“衣替え” 「ダブレット」のお化けゲーセンから「ジル サンダー」の新ラインまで

7/13(土) 22:10配信

WWD JAPAN.com

川久保玲がディレクションする東京・銀座のセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA以下、DSMG)は7月13日、2019-20年秋冬シーズンが立ち上がった。ブランドの新作をいち早く手に入れようとオープンの朝11時前から200人以上が列を成し、その行列は銀座・すずらん通りとみゆき通りが交わる角まで続いた。

【画像】ドーバー ギンザ2019-20年秋冬の“衣替え” 「ダブレット」のお化けゲーセンから「ジル サンダー」の新ラインまで

同店は10日に19年春夏のセールを終了後、11、12日の2日間店舗をクローズし、一部内装のリニューアルと、商品の入れ替えを行った。ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)がデザインする「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズのポップアップストアのオープンをはじめ、新スペースとして3階に「モンクレール(MONCLER)」とベルリン発のアイウエア「クボラム(KUBORAUM)」、6階に「バーバリー(BURBERRY)」を導入。「プラダ(PRADA)」「ダブレット(DOUBLET)」などが内装を一新した。また「グッチ(GUCCI)」や「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」の別注コレクションなど、DSMでしか手に入らない商品も多数そろえている。

注目の新スペースと、ポップアップストアを抜粋して紹介する。

"【1階】"

エントランスフロアの1階は、「ルイ・ヴィトン」メンズの一人一人異なるポーズを取ったカラフルなマネキン11体がお出迎え。グラフィティー・アーティストのフューチュラ(Futura)によるオレンジのオブジェも迫力大。ポップアップストアは2階のディスプレー、7階のローズベーカリーと連動している。

エレファントスペースでは“The Gathering of Shadows(影の集まり)”をテーマにした「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」19-20年秋冬コレクションのインスタレーションを行っている。

1/5ページ

最終更新:7/13(土) 23:25
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2096号
2019年8月19日発売

定価500円(税込み)

ハイジュエリー特集2019 ハイジュエリーの常識を揺さぶる「グッチ」の本気度

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事