ここから本文です

人間関係や日常の煩わしさを忘れられる「ソロキャンプ」の魅力

7/13(土) 8:30配信

週刊SPA!

 疲れ切ったサラリーマンが非日常感を味わえ、日頃の煩わしいストレスから解放されるにはアウトドアは最適だ。自然と触れ合う特別な時間は気分もアガる。今年は一歩外に踏み出し、爽快な夏を過ごしてみよう!

⇒【写真】最高の絶景を独り占め

何をするのも思いどおり。でもやっぱり焚き火はマスト

 すべては自分次第。ソロキャンプには究極の「自由」がある。

「『繫がり』すぎている人間関係や日常の煩わしさを一旦忘れて、とにかく自分の好きなように過ごせるのがソロキャンプの魅力です」(キャンプコーディネーター佐久間亮介氏)

「ソロならキャンプ好きでも他人の世話をしなくていい、本当の自由を感じられますね」(たけだバーベキュー氏)

 そんなソロキャンパーに人気なのが西伊豆の雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場。駿河湾の絶景を独り占めできる。

「絶景を眺めながらのソロキャンプは最高です。焚き火の揺れる炎に癒やされ、ゆっくりと日が落ちるのを待つ時間が贅沢なんです」(佐久間氏)

 焚き火を見つめながら、落ちゆく夕日を味わい尽くせ。

オススメソロキャンプスポット

キャンプコーディネーター佐久間亮介氏推薦!

●廻り目平キャンプ場(長野)

日本離れした景色と自然が楽しめる、通称「日本のヨセミテ」。クライミングをはじめ、アウトドアを存分に楽しみたい人には◎

●有野実苑オートキャンプ場(千葉)

ソロキャンパー向けのキャンプサイトがあり、指定された炉で直火も楽しめる。併設された畑で採れる野菜や地ビールも絶品

●ストーンチェアキャンプ場(伊豆)

星空を観望できるデッキや露天風呂があり、稲取高原、河津桜などが楽しめるスポットも近接。自然を満喫したい人にオススメ

オススメのソロキャンプ飯

BBQ芸人、たけだバーベキュー氏推薦!

●銀シャリ(白飯)

シンプル・イズ・ベスト。一人用の小さな羽釜や飯ごうで、めちゃめちゃおいしい米を炊く贅沢! 湧き水を使うとまた格別

●焼き鳥の缶詰

使い勝手最強。そのまま食べるのはもちろん、スライスオニオン+チーズ+黒胡椒をのせ、ホイルを被せて焼くのが絶品

●肉みそピーマン

挽き肉を塩、胡椒、めんつゆ、味噌で甘辛く炒めて、切った生ピーマンにのっけて、パリッ! ジュワッ! お腹にたまるおつまみ

【佐久間亮介氏】
キャンプコーディネーター。月間最大80万PVのキャンプブログ『HyperCampCreators』を共同運営

【たけだバーベキュー氏】
BBQ歴12年のBBQ芸人。『豪快BBQレシピ』など著書多数で、累計発行部数は15万部を超える

※取材協力:コールマン
― アガるアウトドア ―

日刊SPA!

最終更新:7/13(土) 10:23
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

週刊SPA!7/30号

¥420

・引きこもり中年の衝撃
・没落する世田谷ブランド
・五輪チケット高額転売の裏側
・社会に出た[元ヤンキー]の光と影

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事