ここから本文です

究極の「カツサンド」登場!高級食パン専門店と予約困難なもつ鍋店が限定コラボ【東京】

7/14(日) 15:15配信

じゃらんニュース

予約がなかなか取れない、もつ鍋店「認定生肉取扱店 肉割烹 もつ吉」の最高級ランク京都牛のサーロインと、連日午前中のうちに完売してしまう「どんだけ自己中」の高級食パン。それぞれ単独でも十分おいしいのに、この二つを合わせた究極のカツサンドが誕生しました。
2019年6月20日(木)~7月末までの期間限定発売なので、気になる方は早めに手に入れておきたいですね。「どんだけ自己中な究極の京都牛カツサンド」の詳細をお伝えします!

これぞ究極!「どんだけ自己中な究極の京都牛カツサンド」

「究極」と名付けられるのも納得の、「どんだけ自己中な究極の京都牛カツサンド(3,240円)」のこだわりを解説しましょう。
●カツはA5ランク肉使用
このカツサンドに使われるのは、京都の老舗・牛肉専門店「モリタ屋」から仕入れたA5ランクの京都牛のサーロイン。この格付けはかなり厳しいもので、A5判定の牛肉はほんのわずかしかないそうです。
●食パンは行列店の逸品
小麦粉はもちろん、生クリーム、バターなど材料のひとつひとつをこだわり抜いた、「どんだけ自己中」の主力商品「自己中な極み」が使用されています。
●卵とソースにこだわり
極上のA5ランク牛肉に、京都宇治市のWABISUKE農場の平飼い卵とパン粉を付け、オリジナルのレシピで揚げられます。そして、カツサンドで重要なソース!大正9年創業の京都手作り地ソースの老舗「廣田本店」の蛇の目ソースをかけ、重ねてコーヒー蜂蜜や広島レモンを合わせたオリジナルソースにもくぐらせてありますよ。
●マスタードやマヨネーズも注目!
カツサンドには自家製マヨネーズが使用されていますが、このマヨネーズも「京都片山商店」の京漬物しば漬けをはじめ、ポメリーマスタードや広島レモンを使用して作られた特別なものです。
食パンはあえて分厚くカットしてあり、一口ほおばるとこの分厚さがなかったかのような、柔らかい食感にきっと驚きますよ。

毎年大好評のかき氷も同時スタート!

毎年夏のデザートとして「もつ吉」で大人気のかき氷が、今年も登場しています。かき氷の方も、京都産の素材にこだわって作られた、間違いない味わいです。
「京都宇治抹茶かき氷(1,080円)」は、最高級クラスの京都宇治抹茶を使用したとっても贅沢なかき氷です。抹茶かき氷といえば練乳ですが、こちらの練乳はお店で2時間かけて作られた自家製だそうで、練乳好きにはたまりません。
「酒粕ティラミス~おとなのかき氷~(1,080円)」は、京都丹後地方「木下酒造」の酒粕とマスカルポーネチーズで作ったソースを使用。アクセントにココナッツリキュールをプラスした大人の味わいのかき氷です。

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 15:15
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事