ここから本文です

パンのプロが解説!大人気食パン5斤を食べ比べ

7/14(日) 19:10配信

ESSE-online

今世間で一大ブームを巻き起こしている「食パン」。食パン専門店がどんどん増えていくなか、自分の好みに合うお店を知りたい! という方も多いはず。

今回は湘南でパン教室を運営している料理家の池田愛実さんが有名食パンを食べ比べ。それぞれの特徴を解説してくれます。近くにお店がなくても、並ぶ時間がなくても大丈夫。お取り寄せ可能なお店もありますよ!

もっちり、ふわふわ、小麦の香り!食パンごとの個性を楽しんで

●<もっちり系>皮まで美味しい元祖生食パン「乃が美」

・高級「生」食パン 1本(2斤) 864円(税込み)(写真は1斤サイズ)

高級生食パンブームの火つけ役といえばこちらのお店。特徴は皮までもっちりおいしいということ。「モチっとした弾力のある食感の食パンが好き」という方にオススメです。
また20~25℃で4日間保存が可能とのことですが、4日目も本当においしいのには感激しました!

※全国135店舗。予約可。HPにてお取り寄せも可能。

●<ふわふわ系>甘くて軽い絹の口どけ「銀座に志かわ」

・食パン 1本(2斤) 864円(税込み)

「に志かわ」の食パンの特徴は、なんといってもアルカリイオン水で仕込んだことによる絹のようなくちどけ。「食パンはふわふわ・しっとりした食感が好き」という方にオススメです。
少し甘めの味も特徴のひとつ。材料にマーガリンではなくバター、そして生クリームを使用しているところも高級感とこだわりを感じます。

生で食べるのがオススメとのことですが、トーストすると、表面のカリカリ食感で中のしっとり感が強調され、ほかにはないトースト体験が楽しめます。

※全国7店舗。予約可。

●<小麦の香り系>もっちり食感と小麦のおいしさ「ブラフベーカリー」

・ブラフブレッド 1.5斤 550円(税込み)

横浜の名店ブラフベーカリーはパン好きの間ではよく知られたお店。その代表作ともいえるのがこの「ブラフブレッド」という食パンです。

個人的にも大好きな粉、北海道産小麦粉キタノカオリを100%使用。そのうまみを丁寧な技術で引き出しており、食パンの皮からはうっとりするような小麦の香ばしい香りがします。
「小麦の香りを楽しめる食パンが食べたい」という方にはうってつけです。

※HPからお取り寄せ可能。食パン以外のパンもとてもおいしいのでチェックをお忘れなく。

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 19:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事