ここから本文です

【修斗】リオン「佐藤ルミナの背中を見ていた世代の代表として、宇野薫の仇を取りたい」、ONE凱旋・佐藤将光「一番強い佐藤将光を見せる」&高橋遼伍「解体ショーになる」、初参戦・黒部三奈「ムチャ可愛いのでブッとばす」

7/14(日) 15:25配信

ゴング格闘技

2019年7月15日(月)東京・後楽園ホールで開催される「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR Supported by ONEChampionship」の前日計量が14日13時より都内ホテルで行われ、全選手が計量をパスした。

【写真】DEEP JEWELSから修斗初参戦の黒部はイェジと対峙し「ムチャ可愛いのでブッとばす!」

新たに導入された公開計量用のボードの中に入り、体重を測定する形となった今回。パンツ込みで体重超過の場合にパンツを脱いでの再計量の際に、タオル等で隠す必要が無くなり、スムーズな進行が可能となった目隠しだが、計量後の記念撮影時にはスポンサーのシャツを着用する選手も多く、秤の上でのガッツポーズで身体が隠れるのは、仕上がり具合を確認したいファンにとって寂しい部分も若干残る、新システムだ。

メインでは、5.6後楽園大会で“レジェンド”宇野薫に判定勝利したオランダの組み技師・デュアン・ヴァン・ヘルフォートが65.6kgでパス。対戦相手のリオン武も65.8kgでパス。大晦日のRIZINでは朝倉未来に敗れたリオンだが、環太平洋王者・TOMAを完封するなど、デビューから16年を迎える今でも国内トップレベルの実力を見せつけている。

今回のヘルフォート戦に向け、「佐藤ルミナの背中を見ていた世代の代表として、宇野薫の仇を取りたいと思います」と、充実ぶりをのぞかせる身体で打倒ヘルフォートを誓った。

ほか、5月10日のONEバンコク大会で衝撃的なTKO勝利を収めた世界バンム級王者・佐藤将光と、5月3日のONEジャカルタ大会で同じくTKO勝ちした前環太平洋フェザー級王者・高橋遼伍が修斗凱旋試合に向け意気込みを語り、修斗初参戦となる元DEEPJEWELSアトム級王者・黒部三奈も計量をパスし、「修斗ファンの皆様にも納得してもらうような試合をします」と語った。

全選手の計量結果は以下の通り。

◆プロフェッショナル修斗公式戦
2019年7月15日(月・祝)後楽園ホール
[開場]17:30 [開始]18:00
※開場中にOPファイトを実施

▼メインイベント・第11試合 フェザー級 5分3R
リオン武(65.8kg/日本/同級第5代&第8代世界王者/RISING SUN)
デュアン・ヴァン・ヘルフォート(65.6kg/オランダ/グレイシーバッハ・ネーデルランド)

リオン「佐藤ルミナの背中を見ていた世代の代表として、宇野薫の仇を取りたいと思います」

▼セミファイナル・第10試合 バンタム級 5分3R
佐藤将光(61.1kg/日本/同級世界王者/坂口道場一族)
ファン・チャン・ファン(61.0kg/韓国/TEAM FINISH・ROAD FC)

佐藤「今までずっと総合を10何年間やってきて、常に今が一番だと思ってやってきました。現在進行形、一番強い佐藤将光を見せます!」

チャンファン「こんにちは。明日頑張りますので応援よろしくお願いします。ありがとうございます」

▼第9試合 フェザー級 5分3R
高橋遼伍(65.8kg/KRAZY BEE)
高橋孝徳(65.7kg/リバーサルジム新宿Me,we)

高橋遼伍
「僕も高橋です。去年病気やいろいろなことがあって、支えてくれた周囲に感謝の気持ちで臨みます。高橋孝徳選手、急な試合で準備期間が短いなか受けていただきありがとうございます。試合は試合なので、金網でいつも通り、解体ショーになるので楽しみにしていてください」

高橋孝徳
「高橋です。両方高橋ですけど(笑)。この階級で上位ランカーがたくさんいる中でチャンスをいただき感謝します。準備期間は短いけど、倒すためにメンバー一丸となってやってきました。タイトルマッチのつもりで勝ちます」

▼キッズ修斗 64.1kg契約 3分1R
高本哲至(高本道場)
野澤エディ(野澤道場)

▼第8試合 48kg契約 5分3R
黒部三奈(47.9kg/マスタージャパン)※元DEEPJEWELSアトム級王者
イ・イェジ(47.9kg/韓国/TEAM J)

イェジ「コンニチハ、イ・イェジデス(日本語で)。初めての試合に呼んでいただきありがとうございます。ドウゾ、ヨロシクオネガイシマス」

黒部「修斗初参戦になります。修斗ファンの皆様にも納得してもらうような試合をします。今日、イェジ選手と向き合ったら、ムチャ可愛いのでブッとばせるのを楽しみにしています」

▼第7試合 バンタム級 5分3R
平川智也(60.9kg/同級世界6位/マスタージャパン)
倉本一真(61.0kg/修斗GYN東京)

▼第6試合 バンタム級 5分3R
田丸 匠(61.0kg/NASCER DO SOL)
一條貴洋(61.1kg/ブレイブハート)

▼第5試合 フェザー級 5分3R
仲山貴志(65.7kg/同級世界6位/総合格闘技津田沼道場)
稲葉 聡(65.7kg/同級環太平洋10位/秋本道場JungleJunction)

▼第4試合 フェザー級 5分3R
青井 人(65.7kg/同級世界7位/BLOWS)
内藤太尊(65.6kg/同級世界10位/roots)

▼第3試合 バンタム級 5分3R
加藤ケンジ(61.0kg/K.O.SHOOTO GYM)
小野島恒太(61.1kg/Combat Workout Diamonds)

▼第2試合 ライト級 5分3R
AB(70.2kg/同級世界7位/和術慧舟會駿河道場)
泉 彰洋(69.9kg/BLOWS)

▼第1試合 バンタム級 5分2R
石井逸人(61.1kg/TRIBE TOKYO M.M.A.)
ガッツ天斗(61.0kg/パラエストラ綾瀬)2018年度同級新人王&技能賞

▼オープニングファイト 第2試合 ライト級 5分2R
鈴木淑徳(70.2kg/オフィス淑徳軍)
SASUKE(69.8kg/マスタージャパン)

▼オープニングファイト 第1試合 ストロー級 5分2R
新井 丈(52.2kg/キングダム立川コロッセオ)
内田タケル(52.0kg/パラエストラ松戸)

最終更新:7/15(月) 0:18
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事