ここから本文です

『ゴシップ・ガール』のレイトン・ミースターがデザイナーデビュー

7/14(日) 22:59配信

Numero TOKYO

『ゴシップ・ガール』のブレア・ウォルドーフ役で知られるレイトン・ミースターが、デザイナーデビューを飾った。

初のコレクションは映画版『マチルダ』に登場する女性教師ミス・ハニーからインスパイアされたという。

LA発のサステイナブルファッションブランド、クリスティ・ダウンとのコラボとなる同コレクションについて、3歳児の母でもあるレイトンはページ・シックス・スタイルにこう話している。



「(エンベス・デイヴィッツ演じる)ミス・ハニーの可愛く、力が抜けているながらもお洒落な90年代のスタイルの最新版にしようと思ったの」「誰もが着られるシンプルで着心地の良いものにしたかった」「子供と一緒に公園に行く時、ビーチやベビーシャワー、誕生日会、小洒落たレストランでのディナーなんかで自分が着ていくことを想像してね、ってこの頃そういった事はご無沙汰だけど!とにかく私は(同コレクションのアイテムを)四六時中着て楽しんでいるわ」

また同コレクションは、自身のワードローブの必需品を参照にしたとして、「私も歳を重ね、子供も大きくなるにつれて、快適さが最優先だって実感するようになった」「着やすくて快適といったことにこだわりを持ち始めると、スタイルは後回しになることが多かった」とレイトンは続けていた。

そして、快適さを追求した結果が今回のジャンプスーツコレクションだという。

「クリスティに初めて会いに行ったのは1年程前だった。すぐに私たちはジャンプスーツを作ろうという話になってね」「私の定番アイテムだし、ずっと完璧なものを探していたから。それが今やっと見つかったわけ」

最終更新:7/14(日) 22:59
Numero TOKYO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事