ここから本文です

「豪華でヤバイ!」「粋な計らい」久保建英がマドリー主将公開の“新加入揃い踏み”カットに堂々登場!

7/14(日) 5:08配信

SOCCER DIGEST Web

傍らに立つベイルがそっと久保の肩に…

 少しずつ、チームに馴染んでいるようだ。

 現地7月10日からカナダのモントリオールでサマーキャンプを張っているレアル・マドリー。Bチームであるカスティージャに入団した日本代表FW久保建英は、トップチーム主体のこの遠征メンバー29人に名を連ね、ミニゲームなどで精力的に持ち味を発揮している。

【画像】S・ラモス主将が投稿した”豪華な集合写真”に久保建英も登場!

 マドリーの選手たちは思い思いに自身のSNSで日々の様子を紹介。久保も同じカスティージャ所属のハイメ・セオアネやアルバロ・フィダルゴらの投稿に登場している。そしてついに、チームのご意見番で不動の主将であるセルヒオ・ラモスのSNSにも“チョイス”されたのだ。

 S・ラモスが「チャンピオン・チームだ!」と謳って掲載したのは、総勢13名の集合写真。その顔ぶれはエデン・アザール、フェルラン・メンディ、ロドリゴ・ゴエス、ルカ・ヨビッチのほか、レンタルバックのアンドリ・ルニン、ルーカス・シルバらで、言わば新シーズンに向けたニューフェイスたち。そこに、数人のカスティージャの選手とともに久保も加わっているのだ。

 ルーカス・バスケスとガレス・ベイルも写真に収まっており、ベイルは右端に立って傍らにいる久保の右肩にそっと手を添えている。チームのすべてを掌握する精神的支柱にして、ムードメーカーのS・ラモス。彼ならではのアクションだろう。

 この投稿には世界中から3000件近いメッセージが寄せられており、「みんな良い笑顔だ」「我らがカピトン(キャプテン)を中心に雰囲気の良さが伝わってくる」「あいかわらずファンが喜ぶネタを提供してくれるね」「さすがの粋な計らいだ」などなど、好意的な意見が大半を占める。日本のファンからも「これは豪華でヤバイ写真」「夢の世界にクボがいる」「ベイルが肩組とかスゲエ!」など、反響が大きい。

 トップチームの練習にも違和感なく溶け込んでいる様子の18歳。7月20日以降はバイエルン・ミュンヘン、アーセナル、アトレティコ・マドリーとのプレシーズンマッチが控えており、どこかで出場のチャンスを与えられそうだ。まだまだワンダーキッドの動向から、目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:7/14(日) 5:14
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事