ここから本文です

クラシカルなデザインをまとったデジタルワークツール

7/14(日) 14:11配信

WIRED.jp

QWERKYWRITER(QWERKYTOYS)

気がつくとワークスペース、とかくデスク周りは無機質なプロダクトが集まりがちだ。もしそれが自宅のデスクであるならば、少しくらい遊び心をとり入れてみるのも悪くないのではないか。

【動画】iPadタイプライター

例えば、ミニマルなデザインとは対極な、1940年代のヴィンテージタイプライターのデザインをベースにしたキーボードはどうだろう。見た目のアナログさとは裏腹に、Bluetoothに対応したデジタルガジェット。タブレットスタンドも装備され、最大10インチまで使用できる。

とはいえ、触り心地はヴィンテージタイプライターそのもの。キースイッチには、キーストロークが4mmのCHERRY MX互換メカニカルスイッチの青軸を採用し、デザインだけでなくタイピングの質感までも再現している。何よりもカチカチとした独特の打感が心地よい。

また、タイプライターさながらのキャリッジリターン・レバーは、ただの飾りではなくEnterキーとして機能させるといった、細かいギミックが効いているところにも遊び心が溢れている。

PEERLESS TRACKR(CROSS)

あの書き心地のよかったペンをなくしてしまった──そんな経験が一度や二度、いやもっとあるはずだ。その喪失感たるや言葉にできない。

手に馴染んだ愛着のあるペンをもうなくしたくない。そう願うなら、アメリカの老舗筆記具ブランドCROSSのトラッキング機能を搭載した世界初のボールペン「Peerless TrackR」はいかがだろうか。デザインはCrossらしいクラシックな佇まいでありながら、GPSチップを内蔵しており、Bluetooth経由で最大30mまでスマートフォンなどのデヴァイスから信号をキャッチできるハイテク仕様だ。

通信範囲から外れるとアラートしてくれるから、置き忘れなどを防いでくれるというわけだ。また、通信範囲を外れても、ペアリングしているペンがほかのTrackRユーザーの通信範囲に入ったときに、GPS情報を得ることができる。

ペンと同様に、スマートフォンが行方不明になってひやっとしたことも多いだろうが、このPeerless TrackRがあれば、その心配からも解放されることだろう。なぜなら、このPeerless TrackRからもスマートフォンをトラッキングすることができるからだ。

TAKAFUMI YANO

最終更新:7/15(月) 22:53
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事