ここから本文です

HiHi Jets 高橋優斗の盛り上げ力に注目 輝き放った“缶詰少数派ゲーム”を軸にその魅力に迫る

7/14(日) 7:03配信

リアルサウンド

 ジャニーズJr.の5人組グループ、HiHi JetsがYouTubeの公式チャンネルに、動画『【覚醒】色んな缶詰食べてみたら意外にイケた!』をアップした。“缶詰少数派ゲーム”と称して、2種類の缶詰を前に多数決を実施。少数派になったほうが食べることができるという企画だ。

【写真】山P、嵐・二宮とのエピソードを語るSixTONES

 たこ焼き、だし巻き卵、サバカレー、サヴァのバジルレモン味と、見るからに美味しそうな缶詰から、チョコ缶、チョコレートプリンといったデザート系、アザラシの大和煮、イナゴの甘露煮など、ちょっと食べるのに勇気がいるラインナップも。食べたい缶詰を素直に指差すもよし、あえて食べたくないから多数派を狙っていくもよし。胃袋と相談しながらの頭脳戦に、HiHi Jetsが挑んだ。

 今回の動画を通じて最も輝いていたのは、高橋優斗の盛り上げ力だ。おかず系の缶詰は冷たいままじゃ美味しくない、ということで加熱してテーブルに持ってきたのだが、熱くないように手にはめたグローブでポージングを取ったり、食べてみた感想を「缶詰と普通のをどっち食べるかっていったら、普通の……」と元も子もないコメントで笑いを誘ったりと、進行役&ムードメーカーの二足のわらじを履きこなす。

 アザラシの大和煮とイナゴの甘露煮、トドの大和煮と激辛カレー、それぞれどちらかを選ばなければならないときにも、高橋優斗が大活躍。「マジでイヤなんだけど~!」とナイスなリアクションを見せつつも、いざ実食となれば潔く口の中へ。これはさぞかし悶絶するのでは!? と思いきや、スンとした表情でしっかり味わい「美味っ!」と肩透かしな展開に。さらに、あのメンバーに「口渡しするならいいよ」と謎の提案。その相手が誰なのかは、ぜひ動画で確かめていただきたい。

 高橋優斗は、以前『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演したときも、その持ち前のサービスマインドを発揮。短パンをかけてサンシャイン池崎に『イェーイ対決』を挑み、見事なブリッジ&絶叫をかまして、ダウンタウンから「頑張ってる!」と絶賛された。また、HiHi Jetsから「私服がダサい」というタレコミに、ストライプ×ストライプという独特なコーディネートの私服画像、その日の衣装もストライプ×ボーダーと畳み掛けるように笑いを誘い、スタジオを盛り上げていた。King & Prince 高橋海人からも「1周回ったカッコよさを狙ってるんですけど、1周半回ってやっぱりダサい」と言われてしまう始末。

 またこの春、惜しまれつつジャニーズJr.を卒業した安井謙太郎と共に手がけていた『らじらー!サタデー』21時台(NHKラジオ第一)では、ゲスト出演したSexy Zone 菊池風磨に「(SixTONESの松村北斗を)怖がっている」と暴露され、散々イジられた高橋優斗。だが、それで終えることなく22時台のSexy Zoneの枠に乱入。「怖い怖い(笑)」という佐藤勝利のツッコミにもひるまず、「あの21時台、だいぶボコボコにされたんで、ちょっとフックかましていこうって」と、やり返しにいく度胸も見せた。もちろん、Sっ気の強い菊池に見事返り討ちに合うのは、想像の通り。だがその際も、佐藤勝利からもらったというサングラスをちゃんと身に付けてくる、余念のなさは感心だ。

 しっかり者に見えて、周りの人にはイジられ上手、自分自身でも振り上手。そんな器用に立ち回る高橋優斗が、今後どのような成長を見せていくのか注目だ。

※高橋優斗、高橋海人の「高」は「ハシゴ高」が正式表記。

佐藤結衣

最終更新:7/14(日) 7:03
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事