ここから本文です

輪郭のもたつき、口角の下がりをケア! むくみ・歪みを解消して立体小顔を目指す“顔筋ほぐし“術を指南します

7/14(日) 20:41配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」8月号では、アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さんが、むくみ・歪みを解消して立体小顔を目指す“顔筋ほぐし“術を指南。今回は、フェイスラインやゴルゴラインなど、パーツ別のほぐし術をご紹介!

憧れの小顔に! マッサージ、メイク術etc.最旬小顔ワザをチェック

\ 小顔&立体感視点で厳選! /
お悩み別ほぐし術

■フェイスラインのもたつき
あごの関節は歪みの影響を受けやすく、あご下のリンパの流れも悪くなりがち。老廃物がたまるとむくみやもたつきを招きます。

1 あごの中心からやや外側の骨のキワに手を
あごの約2cm内側にある骨の横に反対の人さし指を当てる。

2 エラに向かって片側6カ所に指をずらす
「あぐあぐ」と口を開閉。あごがたるむラインに指を添えて。
8セット×12カ所

■口角の下がり
目頭から斜め下に垂れ下がるゴルゴラインは鼻の脇や頬骨から口角をつなぐ筋肉の衰えが原因。鍛えれば立体的な頬に。

1 指の側面をスライドさせ筋肉をほぐす
骨を押すように左右5回スライド。下から上へ4列繰り返す。

2 指先で筋肉をとらえて口を大きく動かす
指2本で小鼻横の筋肉をとらえ「えおえお」と口を動かす。

3 指先で筋肉の伸び縮みを感じながらケア
1と同様に下から上へ指の位置をずらす。頬が立体的に。
6セット×4カ所

■鼻筋ぼんやり
顔の中央部分はたくさんの血管が集まるのに、筋肉の動きは少なめ。刺激してリンパや血液の流れを促すことでスッキリ!

1 目周りの骨を押さえて頭の骨を固定
眉間のくぼみに親指を引っかけ、人さし指と中指で頭を固定。

2 鼻筋を下に引っぱり首を振る
「うんうん、いやいや」と縦横に小さく2回ずつ首を振る。
1セット×3回

■頭皮のコリ
頭周りに薄く広がる筋肉や筋膜が縮こまってしまうと血流が悪くなり、髪のハリやコシ不足にも。おでこにはシワが寄ります。

1 指の腹で額から後頭部に向かってほぐす
全身の筋肉につながる頭頂部の筋膜をジグザグ状にほぐす。
15秒

2 側頭部も圧をかけてほぐす
両こぶしの平らな面を側頭部に当て、側頭筋もほぐす。
15秒

3 後頭部から首もしっかりほぐす
こぶしを後頭部に当て、首から背中へつながる筋肉をほぐす。
15秒

最終更新:7/14(日) 20:41
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事