ここから本文です

SUPER JUNIORは韓国アイドルの新たな道を切り開いてきた カンインの脱退から考える

7/14(日) 17:00配信

リアルサウンド

 SUPER JUNIORから、メンバーのカンインが脱退することを自身のInstagram上で発表した。カンインは「僕は長い間ともに歩んできた『SUPER JUNIOR』という名前を手放そうと思う」などと投稿。メンバーやファンに対し、謝罪の言葉も述べた。今回の脱退発表を機に、カンインがSUPER JUNIORの中でどのような存在だったのかなどを韓国アイドルに詳しいライターのDJ泡沫氏に聞いた。

 泡沫氏はまず、SUPER JUNIORというグループの独自性を教えてくれた。

「SUPER JUNIORはもともと、メンバーを入れ替えていくスタイルを取ろうとSuper Junior05として結成されました。しかしファンからの要望もあり、通常のグループ同様メンバーを固定することに。また、ボーカルラインによるユニット・SUPER JUNIOR-K.R.Y.はじめ、韓国アイドルグループでユニット活動を初めて行なったのは彼らです。メンバーがバラエティ番組のMCを務めるなど、個人としての活動も積極的にしていきました。これは日本のアイドルでは当たり前ですが、韓国アイドルではそれまでなかったことです」

 グループとして一躍世界に名を広めたのは「Sorry,Sorry」(2009年)。K-POPダンスカバーの走りで、今なお愛される楽曲だ。

 当初から世界を視野に活動してきた彼らは、東南アジア各国を中心に絶大な人気を誇るグループとなっており、日本でもドーム規模の公演を行なうほどだ。続けて泡沫氏はカンインのキャラクターなどについて以下のように語る。

「SMエンターテインメントでは過去、歌やダンスなどの他にルックスを重視するオーディション部門がありました。カンインはそのオーディションを経て事務所に入り、当初は男らしいルックスで注目を浴びていました。個人ではドラマのほか、芸能人同士が“仮想結婚”する人気番組『私たち結婚しました』にも出演。バラエティ力の高いSUPER JUNIORの中でも特にタレント性があり、トークも上手いメンバーです。ライブでもコミカルな部分を担当することが多く、MCで盛り上げ役を務めたり、SUPER JUNIOR-Tというトロット(韓国の演歌のようなもの)を歌うユニットに所属したりしていました」

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 17:00
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事