ここから本文です

テイラー・スウィフトを憤慨させた、米エンタメ界の敏腕スクーター・ブラウンの野望

7/14(日) 12:30配信

Rolling Stone Japan

先日、音楽業界を騒がせたテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動。テイラーは、所属していたレーベルの身売りによって、デビュー・アルバムから直近の『レピュテーション』までの原盤権を、ブラウンが獲得したことに憤慨し、SNS上で今までの嫌がらせ行為などを非難中傷した。現在、米音楽業界で様々な企業を買収しているイサカ・ホールディングスの筆頭株主である、スクーター・ブラウンとは何者なのか? そして何をしようとしているのか? 今回の騒動から、現在注目されているイサカ・ホールディングスの動きについて、ローリングストーン誌が考察する。

「原盤」をめぐる音楽業界の動きとApple Musicの「パトロン」戦略

音楽業界で先週繰り広げられたテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動が、実はPRキャンペーンの一環として画策されたものだと、一瞬だけでも考えてみよう。あの騒動が画策されたものだと信じているからそう言っているのではないと、読者も理解しているはずだ。しかし、これは仮定の話だが、もしあの騒動が作り物だったとしたら、あのPRキャンペーンは良いことなしの失敗企画となるだろう。

Google Trendsによると、過去3ヵ月間で「テイラー・スウィフト」が最も検索されたのは4月26日で、パニック・アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーをフィーチャーしたカムバック・シングル「ME!」がリリースされたときだ。「ME!」はスーパースターの鮮烈なカムバック曲としてそれなりのインパクトを与えたが、Lil Nas Xのおかげで、アメリカ国内最大の音楽チャートで1位になることはできなった。それ以来、Google検索上でチーム・スウィフトは春のカムバック当時の人気度を取り戻せないでいる。「ME!」に続く第二弾としてシングル「You Need to Calm Down」を6月14日にリリースし、LGBTQを扱って話題になったミュージックビデオも公開したが、それでも人気は戻ってこない。

しかし、7月1日、スウィフトがTumblr上でスクーター・ブラウンを非難した翌日、Google検索での検索ワード「テイラー・スウィフト」が一気に上昇した。シングル「ME!」リリース時の検索ピーク時を100とすると、スクター・ブラウンの一件の翌日には53%まで戻り、スウィフトへの世間の興味が過去2ヵ月間で最も高くなった(下記参照)。


グラフ:Google Trends

議論の予知はあるかもしれないが、これはスクター・ブラウンにとっては良いニュースだったはずだ。愛するスウィフトのメッセージを見て、彼女に追随したファンたちからの誹謗中傷を、ブラウンはオンラインで一人で受け止めていた。しかし、世界中が再びスウィフトに興味を持ったきっかけが、彼がスウィフトの音楽カタログを買収する手続きを開始したことと知れば、多少の気休めにはなるだろう。

スウィフトやブラウンの個人的な秘密を明かした騒動を通して、アーティストの原盤権に関する世界的なディベート、スウィフトが2006年にビッグ・マシン・レコードとの契約で参入した音楽業界のシビアな現実などを含む、さまざまな問題が提起された。

スウィフトとブラウンの騒動の副産物ともいえるのが、普段は真面目な話題の音楽業界紙のトップ記事に、個人的なタブロイド系スキャンダルが登場したことだろう。また一連のくだらない言葉の応酬にスポットが当たって影が薄くなったことは、ブラウンが3億ドル(約325億円)出してビッグ・マシンを買収した現実的意義であり、イサカ・ホールディングス内に彼が組織的に築きつつある一大帝国の姿だ。

1/4ページ

最終更新:7/14(日) 12:30
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事