ここから本文です

【J1採点&寸評】FC東京0-3川崎|圧巻のフロンターレ。MOMは1ゴール・1アシストのエースFW

7/14(日) 22:13配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京――3失点での完敗は今季初めて

[J1・19節]FC東京0-3川崎/7月14日/味の素スタジアム
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 4.5
前半は前線からのプレスがあまり効かず、なかなかボールを握れなかった。後半も先に失点して0-2となると、勢いも徐々になくなり69分に痛恨の3失点目。ここまで点差をつけられての完敗は今季初めて。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5
どの失点も相手のクオリティを褒めるべきだが、3ゴールを失った点で印象が悪い。ビッグセーブもあったとはいえ、厳しい採点に。
 
DF
2 室屋 成 5.5
攻めの姿勢を打ち出すも決定機に絡むところまで行けなかった。タイミングのいいオーバーラップはあっただけに、ゴールかアシストをマークしたかった。
 
3 森重真人 5
1対1の局面でやられたわけではないが、3失点目につながったクリアミスが痛かった。ディフェンスリーダーとして0-3のスコアはいただけない。
 
25 小川諒也 5
守備面では阿部の動きをとらえきれず、厳しい戦いを強いられた。セットプレーのキックの質も高くなく、不完全燃焼に終わった。
 
32 渡辺 剛 5
空中戦では相変わらず強さを発揮。しかし地上戦では寄せの甘さが目に付いた部分があり、ゴール前に強固な壁を形成できなかった。
 
MF
8 髙萩洋次郎 4.5(53分OUT)
味方のフォローがいまひとつだったとはいえ、25分、35分の自陣でのボールロストはいずれも減点対象。プレーにキレがなかった。
 
10 東 慶悟 5.5
豊富な運動量でピッチの広範囲をカバーも、良い形でボールを前に運ぶ回数は限られた。最後まで諦めず走った点はさすがだが、結果はついてこなかった。
 
17 ナ・サンホ 4.5(70分OUT)
味方へのパスが少し雑で、コンビネーションで崩せなかった。ドリブルも敵に引っかかるケースが多く、見せ場をあまり作れなかった。
 
18 橋本拳人 5
43分にセンターサークル付近から持ち上がったプレーは迫力があった。だが、肝心の守備で振り回される場面が目立ち、川崎の攻撃を阻止できなかった。

【FC東京0-3川崎PHOTO】白熱の多摩川クラシコは川崎に軍配!敵地で首位を圧倒し3発粉砕!

1/3ページ

最終更新:7/15(月) 2:37
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事