ここから本文です

錦織本人が認定!? ウィンブルドンの“ベストな1枚”に海外反響「ニンジャテニス」

7/14(日) 7:13配信

THE ANSWER

フェデラーとの準々決勝でのワンシーンに自身が脚光

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドンの準々決勝でロジャー・フェデラー(スイス)に敗れた錦織圭(日清食品)。インスタグラムに「今年のウィンブルドンの良い思い出!」とつづり、フェデラー戦のあるシーンを切り取り画像で公開。海外ファンからも「ニンジャ」「面白いポーズ」などと反響が集まっている。

【画像】忍者のよう!? 錦織が「良い思い出!」と記し公開したウィンブルドンでの“ベストショット”

 芝の王者フェデラーの前に逆転負け。悲願のグランドスラム制覇には及ばなかったが、4大大会で5大会連続8強入りの実績は見事だ。

 錦織が「今年のウィンブルドンの良い思い出!」と英語で題して1枚の写真を公開している。フェデラーとの準々決勝の第1セットでのシーンだ。左手を高く上げ、左の膝がつきそうなくらい低い体勢で、右手でラケットを振っている。躍動感が伝わってくる瞬間を切り取っている。

 この投稿に海外のファンも「ニンジャ」「面白いポーズ」「ニンジャテニス」「この写真最高」「ヨガスタイル」などと錦織の姿に忍者を重ね合わせているようだ。

 躍動感あふれるプレーで英ファンを沸かせた錦織。4大大会最終戦の全米オープンで、再び躍動する姿を見たい。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:50
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事