ここから本文です

【NBA】渡邊雄太、サマーL残り試合欠場へ 代表に集中、監督「エキサイティングなチャンス」

7/14(日) 9:05配信

THE ANSWER

左ふくらはぎの状態は「日ごと改善している」

 米プロバスケットボール(NBA)のグリズリーズ・渡邊雄太は13日(日本時間14日)、米ラスベガスで行われたサマーリーグ準々決勝セルティックス戦を左ふくらはぎの故障で欠場。テイラー・ジェンキンス監督は渡邊がW杯を控える日本代表に集中するために「シャットダウンする」と残り日程欠場を明言している。

【動画】この活躍を続ければ本契約も近い!? 番記者が認める成長ぶり、クリッパーズ戦で渡邊がサイドから鮮やかな3Pシュートを沈める

 2WAYプレーヤーから本契約を目指す渡邊。ラスベガスでは堂々たるプレーを見せていたが、現地時間7日のクリッパーズ戦で12得点、7リバウンドのプレーを見せてから、試合から遠ざかっていた。この日の準々決勝でチームは94-88でセルティックスを下し、4強に駒を進めたが、渡邊は3試合連続で欠場。そして、ラスベガスでは試合に出ないことが決まった。

 ジェンキンス監督はセルティックス戦後、「ユウタのふくらはぎの状態は日ごと改善しているが、サマーリーグではシャットダウンして、日本代表に集中することになる。彼にとっては本当にエキサイティングなチャンスになる」と話し、「彼は(サマーリーグでは)もうプレーしない」と断言した。

「彼は他の選手同様に完璧に集中している。素晴らしい仕事を続けていたし、成長も素晴らしかった」と指揮官は2年目のシーズンを迎える渡邉を高く評価していた。今回、1試合平均13.5得点、1.5アシスト、5.5リバウンドと実力を示した渡邉。ラスベガスで躍進する若きグリズリーズで、悔やまれる離脱となりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:8/3(土) 1:50
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事