ここから本文です

『あなたの番です』横浜流星“世界一の回し蹴り”が炸裂!台本には異例のト書き

7/14(日) 12:03配信

ザテレビジョン

田中圭らが連続不審死事件の謎解きに挑む「あなたの番です-反撃編-」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)。7月14日放送の第13話では、横浜流星演じる二階堂忍が華麗な回し蹴りを披露するシーンが…!「特技を生かせる役柄を演じたい」と語っていた横浜にとって、待望の本格アクションシーンとなる。

【写真を見る】パソコンに向かうと表情が一変する二階堂。まだまだ秘密が…!

■ 翔太のピンチを打開する華麗なる回し蹴り!

同作は、田中圭と原田知世が演じる“年の差カップル”が、マンションを舞台にした“交換殺人ゲーム”に巻き込まれていく姿を描いたミステリー。企画・原案は秋元康。

また、どこか謎めいた理系女子大生・黒島沙和を西野七瀬が、黒島と同じ大学の大学院生・二階堂忍を横浜流星が演じる。

12話ラストでは、菜奈の死因が特殊な薬品による毒殺だったことから、薬品を手に入れられる医師の藤井(片桐仁)に疑惑の目を向けた翔太。「一人ずつつぶしていくしかないよね、菜奈ちゃん」とつぶやき、藤井の部屋に踏み込んだ。

すると、室内には怪しげな薬品がゴロゴロ。そして、それを目にしてしまった翔太は部屋の奥に潜んでいた外国人2人に袋叩きにされ、どこかへ連れていかれた――。

続く13話は、絶体絶命のピンチに追い込まれた翔太のシーンからスタート。予告動画では、頭から袋をかぶせられ気を失ったようにうなだれる翔太の姿が…。そこへ現れた二階堂が、「めんどくせぇなぁ…」というつぶやきのあと、まさかの華麗なる回し蹴りを決める!

予告動画を見たファンからは「ドラマの中であの蹴りが見られるの楽しみ過ぎる!!」「世界一の回し蹴りしかも対戦仕様!!早く見たい」といった興奮の声がひっきりなしに上がっている。

■ 「格闘技の試合を見ると体が勝手に…」

二階堂を演じる横浜は極真空手 初段の腕前で、2011年の第7回国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部で優勝し、世界一に輝いた経歴を持つ。

昨年行われたカレンダー発売イベントでは、2019年の抱負を聞かれ「人との出会いを大切にして、向上心、チャレンジ精神を忘れずに一つ一つ、階段を上っていきたい。高校まで極真空手をやっていたので、アクション作品にも携わりたいし、ヒューマンドラマなどの作品にも挑戦できれば」と、アクションシーンを熱望。

その後、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)の“ゆりゆり”役で大ブレーク。一躍人気俳優の仲間入りを果たしたが、現在も毎日腹筋・背筋100回のトレーニングを欠かさない。今年5月に放送されたバラエティー「A-Studio」(TBS系)では「格闘技の試合とかを観たりすると体が動きたくなるというか、勝手に動いてるんで。だからやっぱりそれを観てしまうとまた出たいと思っちゃいますね」「今この仕事でできることっていったら、今少なくなってきてますけどアクションとか。自分の空手を……特技をいかせるやつやりたいですね」と、アクションへのブレない意欲を語っていた。

そんな横浜に用意された今回のアクションシーン。13話の台本には、「横浜流星による、7回は巻き戻して見たくなるアクション!」という遊び心たっぷりのト書きも…!

■ 恩師の言葉「弱みを見せるな」を胸に

俳優の道を選択した今でも、横浜にとって極真空手で培ったものは大切な基礎となっている。

空手を始めたばかりのころは負けても全く悔しさを感じず、むしろ弱音を吐いて泣いてばかりいたという横浜。だが、空手の先生から「弱みを見せるな」と徹底的に叩き込まれていった中で、気付けばほとんど涙を見せずに勝利を収めていく世界一の空手選手が誕生していた。横浜はインタビューで語っている。

「勝つ喜びを徐々に知っていったことで、『自分の中に“負け”という文字はない。勝つ以外にないんだ』と考えるようになっていったんですよね。泣くことについても同じで、人って『自分が、かわいそうだな』って思ったときに泣くことが多いそうなんです。それを聞いたとき、“なんだかそれってただの甘えだよなぁ…”と思ったんですよね。『いや、だったら泣けないでしょ。むしろ男たるもの、泣くべからず!』って。その気持ちは今もずっと変わっていないです」

その強い気持ちで、芝居にも真っ向から向き合ってきた。そして今回、役として特技を披露する念願のチャンスが巡ってきた。AIを研究する大学院生ということ以外明かされておらず、まだまだ謎の部分を秘めた二階堂。そんな彼が見せる新たな一面に注目したい。

■ 新たな住民登場!第13話あらすじ

袴田吉彦(袴田吉彦)殺害容疑で指名手配されているイクバルたちが翔太(田中圭)を襲ったことで、警察に捕まると悟ったシンイー(金澤美穂)は、不法滞在中の恋人・クオン(井阪郁巳)を逃がす。

翔太と二階堂(横浜流星)は、臨時の住民会に出席。そこに管理人の蓬田(前原滉)が502号室に引っ越してきた南(田中哲司)を連れて現れ、住民たちに紹介する。赤池夫妻が殺された部屋にわざわざ住もうとする南を不審に思う住民たち。南は、不躾に住民たちから事件の話を聞こうとする。まるで事件を探るような南の態度に、住民たちは警戒を強める――。

(ザテレビジョン)

最終更新:7/14(日) 12:03
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事