ここから本文です

広島「緒方監督」の死角、絶対王者転落の一因は問題だらけの“選手起用法”

7/14(日) 11:30配信

デイリー新潮

 交流戦最下位からチーム20年ぶりの11連敗と悪夢が冷めないまま、前半戦を終えた広島カープ。球団初のリーグ3連覇を達成した緒方孝市監督にとっても、試練の後半戦となりそうだ。

 現役時代から口数が少なく、黙々とプレーするタイプで、同じ九州出身の前田智徳とともに報道陣泣かせの気質だった緒方監督だが、球団史上初となるリーグ4連覇のかかった今季は、その「取っつきにくさ」に、さらに拍車がかかっている。誤解を恐れずに言えば、神経質になりすぎているようにも見える。

 その根拠のひとつと言えそうなのが、今年の緒方監督が「監督5年目」ということだ。リーグ初優勝を果たした1975年以降、カープの監督で5年以上の任期を務めたのはリーグ優勝4回、日本一3回の実績で「名将」と呼ばれた古葉竹識氏、一人だけ。91年にリーグ優勝を果たした山本浩二氏は、二度の監督就任で合計10年間、監督を務めているが、いずれも5年ずつで任期を終えている。前監督の野村謙二郎氏も、チーム16年ぶりのAクラスから2年連続でCS進出を果たし、リーグ優勝も間近と言われたチームを作り上げたが、5年の任期を終えると、緒方監督にその座を譲った。

 球団も5年単位でのチーム作りを明言しており、その方針はフロントから現場まで浸透している。近年の躍進は、その試みが結実したものであることは間違いない。球団史上初のリーグ3連覇を達成した緒方監督は、6年目以降の指揮も確実と思われていたが、今季の余裕が感じられない言動や采配を見ると、この「監督5年目」という立場が、少なからず影響しているようにも思える。

 今季はリーグ3連覇中に不動の1番打者だった田中広輔が、極度の打撃不振で打率1割台と低迷が続いている。同じく守護神として君臨していた中﨑翔太も防御率4点台と不安定な内容で、セーブ数は29試合でわずか8と、勝ちゲームを何試合も落とす要因となった。

 中﨑は6月20日に登録抹消となり、現在は二軍調整中だが、田中広は前半戦終了時までスタメン起用が続いている。田中広も中﨑が抹消となった同時期にスタメンの座をドラフト1位ルーキーの小園海斗に譲り、球団記録に迫っていた連続フルイニング出場と連続試合出場が途切れた。しかし、小園に守備の不安が露呈し、わずか4試合の出場で再び二軍落ちとなり、現在は何事もなかったようにショートは田中広で不動の状況だ。

 この2人に象徴されるように、緒方監督はリーグ3連覇に貢献した選手を重用する傾向が強い。今季は巨人にFA移籍した丸佳浩の補償選手として長野久義を獲得したが、オープン戦から結果を残せず、代打や左投手相手のスタメンなど限定的な起用が続き、7月2日に二軍降格となった。同じような成績の松山竜平は、頭部死球の影響などで二軍調整もあったが、打率1割台でも、現在も一軍でプレーしている。状態や左右の違いなどの事情はあるにせよ、緒方監督がどちらを重用しているかは明らかだ。

1/2ページ

最終更新:7/14(日) 11:30
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事