ここから本文です

シーズンオフの布団はスーツケースに。かさばらない収納ワザ

7/15(月) 21:12配信

ESSE-online

家のなかでも収納力の高い押し入れですが、ふとんがぎゅうぎゅうにつめ込まれているという人も多いのではないでしょうか。

「寝具はとてもかさばるもの。うまく使って少しでもカサを減らしたいですね」と語るのは、ライフオーガナイザーでミニマリストの香村薫さん。
自身も5人家族で、寝具の量に悩まされたという香村さんに、布団の収納について教えてもらいます。

ミニマリストが実践!かさばらない寝具のもち方、しまい方

●寝具の組み合わせを厳選

「寝具の量を最小限に抑えるために、いちばんかさばらず、快適に眠れる組み合わせから考えてみました」

そこで香村家が選んだ基本の組み合わせは、マットレス+羽毛布団だそう。

「夜の室温が5℃以下となる寒い時期はこれでだけではたりないので、羽毛布団の上にかけ布団カバー毛布という寝具をプラスします」

素材はフランネルやマイクロファイバーなどさまざまありますが、香村さんはお手軽な価格帯のマイクロフリース素材をチョイス。

もうひとつポイントとして、冬の間は家の中でいちばん温かい南の部屋を寝室として利用しているそう。

「部屋によって3℃ほど差があるので、夏と冬で眠る場所を変えるのは効果的だと実感していますよ。このおかげで冬も睡眠中はエアコンいらずで過ごせています」

次に、夜の室温が20℃を超えてくる暑い時期。

「この時期に羽毛布団をしまいます。ここで登場するのが、真冬に使っていたかけ布団カバー毛布。カバー毛布だけをかけ布団として使うのです」

「さらに暑さが増してきたら、今度は羽毛布団に使っていた無印良品の麻平織シーツをタオルケット代わりとして使用します」

夏の間は、窓が2つあって風とおしのよい北側の部屋を寝室代わりに使うそう。

「冬同様、エアコンいらずで、扇風機だけで過ごせますよ」

●布団の収納方法

使っていないときの羽毛布団は、スーツケースの中に収納するのがおすすめ。

「こうすることで、自然と圧縮がかけられたような状態にもなりますし、出すのもラクですね」

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 21:12
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年8月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(9月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事