ここから本文です

【イノベーション】潘隆成vs橋本悟、前回ドローの決着戦にして王座決定戦&対抗戦の大将戦「ガンガン前に出て気持ちのいい試合になるでしょう」

7/15(月) 5:43配信

ゴング格闘技

2019年7月15日(月・祝)東京・新宿FACEで開催されるJAPAN KICKBOXING INNOVATION主催『Join Forces-14』。

【写真】イノベーションvsレベルス3対3対抗戦に臨む6選手

 立ち技格闘技界の交流が活発化して各大会で団体対抗戦が行われているが、今大会でも「INNOVATION×REBELS 3vs3対抗戦」が行われる。その大将戦で対戦するのは、INNOVATIONスーパーライト級2位・橋本悟(橋本道場)vs同級1位・潘隆成(クロスポイント吉祥寺)。両者は2018年2月の『REBELS』で対戦しており、3分3R戦ってドロー。今回が決着戦となると同時に、INNOVATIONスーパーライト級王座決定戦としても行われる。

潘 隆成「自分もバージョンアップしているのでそこを見せたい」

――試合に向けての調整はいかがでしょうか?

「ここ数試合の中でも一番いい仕上がりになっています。去年は、練習でやってきたことが試合ではまりませんでした。あまり詳しいことは言えませんが、今までのベースを活かして新しくスタイルチェンジをした練習をしていたところ、結構はまってきました。それが試合で出せれば負けないと思います」

――それは前回の試合、4月のポーンパノム・イハラジム戦でも出せたのでしょうか?

「前回とは違うスタイルなのですが、ベースは変わりません。戦い方、考え方も変えているので変わった自分を見せられると思います」

――それまでの不調が原因でスタイルチェンジを?

「そうですね。不調が原因で模索している中、トレーナーから『こういうのはどう?』と新しいスタイルを提案されて、練習で取り入れてみたらいい感じではまったので試合でもやることになりました。ちなみに練習仲間もそのスタイルは良いと言ってくれています」

――今回はイノベーションとの対抗戦のメンバーに選ばれて心境はいかがですか?

「前回は新日本キックとの対抗戦のメンバーに選ばれましたが、相手はタイ人でした。日本人が相手だったら盛り上がっていたのになと思っていた中で18年2月に対戦し引き分けていた橋本悟選手との再戦になるので、自分の中で燃えるものがあったのでモチベーションはかなり高いです」

――団体の看板を背負って戦うとなると、普通のワンマッチとは違いますか?

「REBELSが最強だと証明しないといけません。しかもINNOVATIONスーパーライト級王座を懸けての試合になるので、前回とは違う自分の成長した姿を見せないといけませんね」

――橋本選手についてはどのような印象がありますか?

「一度対戦してから凄くリスペクトしているファイターです。試合ではガンガン前に出てきて男気溢れるファイトをするじゃないですか。人としても凄くいい人なので、そこもリスペクトしています。ですが、負けないように自分もバージョンアップしているのでそこを見せたいと思います」

――一度対戦した時よりも、ここ数戦の橋本選手は強くなっている印象はありますか?

「そうですね。KNOCK OUTで毎回盛り上がる試合をしていてあれから強くなっているのは感じます。お互いに次こそは決着を付けたいという気持ちは凄くあると思うので、ガンガン前に出て気持ちのいい試合になるでしょうね」

――橋本戦をクリアーしたら、その後見据えているものはありますか?

「先輩たちもKNOCK OUTで活躍しているので、ここで橋本選手に勝って、REBELS、KNOCK OUTを引っ張っていける選手になりたいです」

――ファンにメッセージをお願いします。

「僕の試合はメインイベントになりました。前回の試合は歓声が凄かったので、さらにこの日一番盛り上げて最後に僕が勝ってベルトを巻きます。向こうは打ち合いに来ると思いますが、自分もバッチリ準備しているのでそういうところも見せていきます」

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 5:43
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事