ここから本文です

Beats初の完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」は、ワークアウトにベストな選択だ

7/15(月) 12:12配信

WIRED.jp

アップルはケーブルが大嫌いだ。長年にわたって自社製品からケーブルを取っ払ってきた。「iPhone」のすべてのモデルから3.5mmヘッドフォンジャックをなくし、「イヤフォンジャックのないスマートフォン」という厄介なトレンドをつくり出したのもアップルだった。

【記事の全画像】Beats初の完全ワイヤレスイヤフォン「Powerbeats Pro」

「AirPods」は、ワイヤレスイヤフォンのデザインと機能の方向性を決定づけた製品でもある。ケーブルがまったくないこの小さなイヤフォンは(左右のイヤフォンをつなぐケーブルさえない)、1回の充電で音楽を5時間連続で再生できる。充電は、付属するポケットサイズの充電ケースで行う。数回充電を行ったら、ケース自体を充電する仕組みだ。

そしてアップルは傘下の「Beats」ブランドで、このトレンドをさらに推し進めている。「Powerbeats Pro」(日本では2019年7月19日発売)は、ワークアウト用の素晴らしいイヤフォンだ。耳から決して外れることなく、音質はAirPodsよりずっといい。バッテリーの持続時間は、一般的なワークアウト用イヤフォンと比べて2倍近くある。

色濃くなってきたアップルの影響

「Beats Studio3 Wireless」などの最近のBeatsのヘッドフォンを見れば、これまで以上にアップルの影響が色濃くなっていることがわかるだろう(アップルは2014年にBeatsを買収した)。

近頃のBeats製品は、サウンドのバランスがますます重視され、製品ラインごとの違いが明確になり、iPhoneや「Mac」シリーズとのスムーズな連携ができるようになっている。したがって、250ドル(日本では税別24,800円)の「Powerbeats Pro」が、16年の発売から『WIRED』US版が推奨している「Powerbeats3 Wireless」よりシンプルで高級感のある製品に見えるのも不思議はない。アップルによれば、価格100ドル(日本では税別19,800円)の「Powerbeats3 Wireless」と比べて、重量は17パーセント軽くなったのだという。

カラーは現時点では、Powerbeats3のような派手な展開はない。用意されているのは、ブラック、ネイビー、モス、アイボリーの4色。いずれもアースカラーだ。今回のレヴューに際してアップルはブラックを貸してくれたが、個人的にはモスのほうがライフスタイルに合っている。もっとアクティヴな生活を送っている人たちにはパープルやオレンジ、レッドといった選択肢がないのは残念だろうが、そのうちまた虹のようにあらゆる色のモデルが登場することを期待したい。

1/4ページ

最終更新:7/15(月) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事