ここから本文です

Twitch 人気が高まる、パブリッシャー界隈の動画事情

7/15(月) 9:10配信

DIGIDAY[日本版]

チェダーとBuzzFeedの取り組み

チェダーとBuzzFeedは、Twitchでゲームに精力を注いでいる。チェダーは平日に毎日、「チェダー・eスポーツ(Cheddar Esports)」という1時間の番組を配信している。また、BuzzFeedは2018年にはじめて、ストリーミングイベント向けにFacebookライブ動画の代わりとしてTwitchに目を向けたが、それ以来、Twitchを通じてマルチプレイヤーの拡大に重点を置いている。

マルチプレイヤーは通常、週に3回配信し、各放送は1~3時間続くとスミス氏は語る。マルチプレイヤー担当チームには、アイデアを思いついてプロデュースし、プラットフォームにまたがって編集するプロデューサーが3人いる。

「自然に視聴したり、関わったり、検索したりしているコンテンツをオーディエンスに提供することを目指している。Twitchが、確立されたゲームコミュニティを築いてきたことを明確に理解していたので、昨年秋にゲームブランドのマルチプレイヤーを立ち上げたとき、マルチプレイヤー担当チームがYouTubeとTwitchの両方でファンと関わるのが理にかなっていた」と、スミス氏は述べた。

ユーザーとの直接対話が魅力

マルチプレイヤーは基本的に、「スケアド・バディーズ(Scared Buddies)」や「100ベビー・チャレンジ(100 Baby Challenge)」と呼ばれる週1回のシリーズ2本とともに、ゲームプレイを配信する。視聴率はさまざまだ。マルチプレイヤーのエンゲージメントがもっとも高いストリームは、「ザ・シムズ4(The Sims 4)」のゲームプレイで、ライブ配信のユニークビューは3万5000回を超え、3800人以上の視聴者が3時間のストリーム全体を視聴し、4300人以上が同時に視聴しているという。

各ストリームのために、BuzzFeedのチームは、カメラの前やコメントで直接、視聴者に対応している。

「Twitchでは、オーディエンスと直接やりとりでき、瞬時のフィードバックやエンゲージメントが可能で、撮影中にそれをその場で組み込める」とスミス氏は語る。

2/3ページ

最終更新:7/15(月) 9:10
DIGIDAY[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事