ここから本文です

英国人記者が多摩川クラシコで感じた疑問「なぜ、小林悠は日本代表に呼ばれないのか?」

7/15(月) 6:10配信

SOCCER DIGEST Web

プレミア王者を連想させた川崎のゴラッソ

 コーナーキックから決まった小林の先制ゴールは、スタイリッシュなサッカーを標榜する川崎からすれば、理想的なものではなかったかもしれない。だが、2点目と3点目は彼らがどうプレーしたいかを示す好例と言えるもので、ファンを楽しませるスペクタクルなゴールだった。まさにゴラッソである。

 そんな今の川崎をプレミアリーグのチームを引き合いに出してたとえるならば、マンチェスター・シティだろう。

 もちろん、世界的なスターを有しているシティと川崎の間にはクオリティーの違いはあるが、中盤に大柄な選手を必要とせず、ライバルを圧倒するほどのスピード感のあるパスで切り崩しにかかるスタイルは、プレミア王者を連想させた。

 FC東京に対し、王者としての矜持を示した川崎が、チェルシーに対してどのように立ち向かっていくのかは、双方のファンならずとも注目に値する。ブルーズ(チェルシーの愛称)は今夏にフランク・ランパードが就任したばかりで、いわば過渡期のチームだが、Jクラブにとって強者であることに変わりはないはずだ。

 しかし、川崎には、プレミアのビッグ6が相手だろうと、多摩川クラシコで見せたような華麗なるパスサッカーを見せてもらいたいところだ。

取材・文●スティーブ・マッケンジー(サッカーダイジェスト・ヨーロッパ)

スティーブ・マッケンジー (STEVE MACKENZIE)
profile/1968年6月7日にロンドン生まれ。ウェストハムとサウサンプトンのユースでのプレー経験があり、とりわけウェストハムへの思い入れが強く、ユース時代からサポーターになった。また、スコットランド代表のファンでもある。大学時代はサッカーの奨学生として米国の大学で学び、1989年のNCAA(全米大学体育協会)主催の大会で優勝に輝く。

2/2ページ

最終更新:7/15(月) 6:10
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事