ここから本文です

オリラジ藤森が歌う米津玄師「Lemon」動画、再生回数300万回突破 中田敦彦chの圧倒的1位に

7/15(月) 7:29配信

リアルサウンド

 オリエンタルラジオの中田敦彦が、自身のYouTubeチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の登録者数40万人突破記念として、7月6日、10日に相方の藤森慎吾をゲストに迎えた動画を公開した。

【写真】変わりゆくメディア・タレントの関係を語るオリラジ・中田敦彦

 「中田敦彦のYouTube大学」では、登録者数が節目に到達するごとに、藤森を召喚するのがお約束になりつつある。これまで20万人到達時には2人による本音トーク、30万人到達時には藤森による特別事業が行われてきた。

 今回、40万人突破を記念して投稿されたのは、中田の大好きな楽曲である米津玄師の「Lemon」を藤森が歌い上げるいういわゆる「歌ってみた」系動画。しかし中田としては、自身と共にダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHとして2016年の紅白歌合戦への出場歴もあるアーティスト・藤森の歌唱を、単なる「歌ってみた」の枠組みに収めてしまうことを不本意に思っているらしい。中田は「僕は、藤森vs米津だと思っている」「日本のJ-POPを背負ってきた両巨頭によるバトル」とまで言い切り、最終的には「本家を超えてくれ!」とアツいメッセージが投げかけられた。

 そしてレコーディング当日、こうした中田の過剰な言伝が言い渡されると、一人スタジオ入りした藤森は「追い詰めることしかしないじゃないか!」と困惑していたが、「あっちゃんの今までの最高再生回数、ポーンって抜いてやりますよ!」と豪語し、「Lemon」を熱唱。その宣言通り、7月6日にアップロードされたこの動画の再生回数は現時点で380万回を超え、中田のチャンネルにおいて圧倒的1位の再生回数を記録している(7月15日現在)。

 40万回突破企画はこれだけでは終わらない。7月10日に投稿された動画では、プロダンサーから選ばれたRADIO FISHのパフォーマー集団「SKILL-MASTER」の4人が、藤森版「Lemon」に合わせてオリジナルの創作ダンスを披露。そのハイレベルなパフォーマンスにコメント欄には、「プロは凄すぎます」「ダンスすごい良かったです!ウルっときました!」「スキルマスターさん達の表現力恐ろしすぎます……」など称賛の声が殺到していた。

 ちなみに、本動画コメント欄には「40万祝ってる間に50万行きそう」というメッセージも寄せられていたが、その言葉通り、7月12日現在のチャンネル登録者数は53万人にのぼっている。これまで「中田敦彦のYouTube大学」ではその名が示す通り、中田による歴史や文学に関する講義系の動画が多く投稿されていたが、こうした急激な伸びを受け、自らが「御神体」(リーダー兼プロデューサー)を務めるRADIO FISHのリソースを活用した動画も、今後増えてくるかも知れない。

こじへい

最終更新:7/15(月) 7:29
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事