ここから本文です

渡辺美優紀の誘いを9カ月ドタキャンした男、その正体は…

7/15(月) 20:03配信

SmartFLASH

 元NMB48・渡辺美優紀が、7月12日放送の『金曜日のどっち!?』(テレビ朝日系)で、グループ卒業後に経験した衝撃の恋愛経験を明かした。

 渡辺は女友達から不動産業界で働く男性を紹介してもらうと、「完全に好みのタイプ」で、LINEのやりとりを始めた。

 優しい言葉をかけてくれる男性に惹かれ、食事に誘うが、予定の前日にドタキャンされたという。その後も何度もデートに誘うが、ドタキャンが9カ月も続いたという。

 渡辺は男性を紹介した女友達に「いつもドタキャンされる」と泣きながら相談すると、彼女はやさしく励ましてくれていたという。

 だが、ほとほと困り果てた頃、女友達は「美優紀がLINEをしていた相手は『私』なの」と衝撃の告白。

 彼女が男性になりすまして返信しており、その理由は「(渡辺に)彼氏が出来るのがイヤだった」という独占欲からだったという。

 さらに彼女は代理業者を雇い、男性の友人を装った人物に「彼を信じてあげてください」と渡辺に電話させるなど、詐欺師まがいのことまでしていた。巧みに気持ちを弄ばれた渡辺は「マインドコントロールされてしまった」と告白。

 そんな女友達とは「もう友達じゃない」と絶縁したが、紹介された男性については、実在しないものの、「会えるなら会いたい!」と話してスタジオを笑わせた。

 渡辺は7月5日放送の同番組では「好きな人にしちゃう行動」を告白。意中の男性が女性のSNSに「いいね!」ボタンを押しているのを見ると「なんでって思っちゃう。好きな人には探偵になっちゃう。気になって」と彼女自身も独占欲が強いことを明かしていた。

 渡辺は発売中のアルバム『17% -Repackage-』のリード曲『Cheek-tic-Cheek』MVで、久々の水着姿を披露。7月20日開催の『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』でライブも行うなど、大忙しなようだ。

最終更新:7/15(月) 23:55
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事