ここから本文です

オメガからロンジンまで、アスリート志向が漂う本格派スポーツのクロノグラフ4選!

7/15(月) 21:14配信

GQ JAPAN

ステンレススティール、チタン、セラミックスをケース素材に使うクロノグラフをセレクト。アスリート志向の本格派にも好適だ。

【写真で見る!本格派スポーツのクロノグラフ4選】

OMEGA

スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ

世界が吠えても隊商は進む、まさかまさかの日本限定

「オメガがバーゼルを離脱したのには世界が驚いたが、さらに日本以外では同じくらい驚いたのが『スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 リミテッド エディションズ』である。オリンピックリングをイメージして、カラーごとに素材を違える工夫も楽しく、セドナゴールドのグリーンは絶品で、しかも全部が日本限定。ブランドのウェブサイトも言語ごとにローカライズされているので、最初は皆が気づかなかった。いまは海外メディアが、憎たらしそうに『Japan-only editions』と呼ばわっていたりする。5モデルそれぞれ2020本の限定数が、世界を相手にすれば全然足りないのは必定だ。まだ間に合うのであれば、日本在住の特権を行使した方がいい」(並木浩一)

東京 2020で公式計時を担当するオメガは、開幕カウントダウンに際して多様な記念モデルを展開。ムーンウォッチベースのこのモデルは全5色が用意され、それぞれのベゼルでオリンピックリングをイメージ。SS+18Kセドナゴールドケース&ブレスレット、手巻き、42mm径。78万0円〈OMEGA/オメガお客様センター TEL:03-5952-4400〉

LONGINES

ハイドロコンクエスト

スイスの名門ブランドならではの落ち着いたデザインと機能性

「ヴィンテージウォッチの世界でロンジンのクロノグラフは別格の扱いだが、現代のモデルにおいても、端正なデザインと高い機能性は高く評価されている。『ハイドロコンクエスト』のクロノグラフ・モデルは、300mというプロフェッショナルダイバーの要求に応える高い防水機能を持ちつつ、3連のシンプルなブレスレットと爽やかなブルーのダイアル&ベゼルによって、街にあっても洗練と洒脱を表現する万能のスポーツウォッチとしての存在感を確立している。耐スクラッチ性のサファイアクリスタルガラスには反射防止コーティングが施されており、スッキリと見える。インデックスと針に塗布されたスーパールミノヴァにより、暗い海中や夜間でも確かな視認性を保証してくれるだろう」(名畑政治)

ロンジンを代表するハイスペック系のスポーツコレクション。武骨なダイバーズウォッチを基本骨格としながらも、随所にエレガンスを感じさせる妙技がロンジン流。リュウズガードと一体化したプッシャーのシルエットが美しい。SSケース&ブレスレット、自動巻き、41mm径、直営限定モデル。29万1000円〈LONGINES/ロンジン TEL:03-6254-7351〉

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 21:14
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年9月号
2019年7月25日発売

800円(税込)

"はるたん"が帰ってきた! 奇跡の男、田中圭/特集:親とは、子とは、そしてファミリーとは? 自由な「家族」/菅田将暉、”LOVE”を語る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事