ここから本文です

【主役サンダル】ナチュラル素材のサンダルがこの夏の大本命!

7/15(月) 21:50配信

集英社ハピプラニュース

ベージュやカーキなどのアースカラー、リネンやコットンなどの肌に心地よい天然素材の服が改めて人気を集めているせいか、サンダルもその流れをくんで、素材の特徴をそのまま生かしたナチュラルなデザインのものを多く撮影し、雑誌やオンラインに掲載しました。なかでも、デザインも歩きやすさも秀逸だった2つのインポートブランドをご紹介します。

【写真】ミュール、ストラップサンダル、スポサン…主役サンダル大集合!

1.120年の歴史を持つパリの老舗ブランド、ロベール クレジュリー

サンダル¥68000/ストラスブルゴ(ロベールクレジュリー)

たとえばこちら。ラフィア素材をざっくりと編み込み、端をあえて切りっぱなしにしたラフなフロントベルトに、大小のシルバーボールを並べてあしらったフラットなミュールサンダル。パリ発の老舗シューズブランド、ロベール クレジュリー(ROBERT CLERGERIE)のものです。

サンダル¥88000/ストラスブルゴ(ロベールクレジュリー)

スポーティなダブルベルトのプラットフォームサンダルも、アッパーをラフィア素材にすることでエレガントなムードに昇華。熟練の職人さんたちがひとつひとつていねいにハンドメイドしているため、サンダル全体に温かみがあり、靴ずれもしません。また、濃いキャメル色のインソールで、素足で何度かはいたあとにうっかりつきがちな足型も目立たないので、なかなか高価ですがひと目ぼれしてしまい、撮影後にお買い取りしてしまいました。

2.スペインのエスパドリーユ専業ブランド、パロマ バルセロ

ミュール¥39000/ストラスブルゴ(パロマ バルセロ)

サンダルおすすめブランド、次は1960年創業のスペインの老舗エスパドリーユ専門ブランド、パロマ バルセロ(PALOMA BARCELO)です。こちらも、ひとつひとつの靴をハンドメイドで生産しています。古くから愛されるクラシカルなエスパドリーユをベースにモダンな解釈を加え、よりファッショナブルに楽しめるサンダルが揃うブランドです。
これは、ヒール表面がかごバッグのようになっていてとても夏らしいデザイン。やわらかなスエードのフロントコードも甲にやさしく、どんなコーディネートも女らしいムードへと導きます。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 21:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事