ここから本文です

『フレンズ』来年Netflixへの配信終了、ワーナー新定額動画サービスへ

7/15(月) 10:15配信

Rolling Stone Japan

人気テレビドラマ『フレンズ』は、その他多数の番組とともにワーナーメディアの新定額動画サービスHBO Maxに、来年より移行することが決定した。

写真2点:『フレンズ』

配信開始から5年近くが経ったいま、『フレンズ』はNetflixと永遠に決別しようとしている。
2019年に放送開始から25周年を迎える人気テレビドラマ『フレンズ』が2020年初頭(日付は未定)にNetflixで配信されなくなる。HBO Maxが2020年の春から1万時間分のオリジナルコンテンツを配信する、と米ヴァラエティ誌が報じた。HBO Maxはワーナーメディアの新定額動画サービスであり、動画ストリーミングサービスに参入した新たなライバルは、今後も様々なビデオ・オン・デマンド(VOD)コンテンツのライセンスを獲得することが予想されている。

新定額動画サービスHBO Maxには、『フレンズ』以外にも『ベルエアのフレッシュ・プリンス』や『プリティ・リトル・ライアーズ』という魅力的な番組も加わる。それ以外にも、HBOのオリジナルコンテンツとCWテレビジョン・ネットワーク、カートゥーン ネットワーク、アダルトスイム、クランチロール、ターナー・クラシック・ムービーズ、CNN、TNT、TBS、TruTV、ルーニー・テューンズなどのチャンネルの過去のプログラムを組み合わせて配信する予定だ。CWテレビジョン・ネットワークとの合意により、同チャンネルで放送中の全番組は、次のシーズンが初オンエアされる最大30日前までHBO Maxでストリーミング可能になる。テレビ番組だけでなく、リース・ウィザースプーンが新作映画2本、グレッグ・バーランティが新作映画4本の制作に合意したことでHBO Maxは映画制作への意欲も見せている。

HBO Maxはサービス価格をまだ公表しておらず、既存サービスHBO Goとの違いについても明らかにしていない。だが、Cinemaxとのパッケージによって約16~17ドルの価格になるのでは、とワシントン・ポスト紙が6月に予測している。

そもそも『フレンズ』は2019年初頭にNetflixを離れることになっていたが、インターネット上の猛抗議によってNetflixはもう1年ロス、レイチェル、チャンドラー、フィービー、ジョーイをつなぎとめるため、1億ドルの契約を結んだ。ドラマ『The Office』もまたNetflixを離れてNBCユニバーサルのVODプラットフォームに移行することが決定しており、複数の動画配信プラットフォームと契約したくない人とNetflixには大きな打撃となりそうだ。

Translated by  Shoko Natori

Brittany Spanos

最終更新:7/15(月) 10:15
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事