ここから本文です

GISELeスタイリストに教わる「着まわし」アイディア【Part.2】

7/15(月) 12:00配信

GISELe

組み合わせを変える・いつもと違う使い方をする・小物を足すなど。ちょっとしたことで、ワードローブの可能性は広げられる。新鮮味を出すための手軽なアイディアを、GISELeスタイリストが解説してくれました。
※掲載しているコーディネートは、GISELe2019年4~8月号で紹介したものです。

12スタイリングをすべて見る


13 色のあせたGジャンだと味わい深く

たとえば、ある予定のために購入したリゾートシックなドレス。Gジャンや白シャツを軽くはおると、ヴィンテージっぽく見違え。直感で惹かれた1枚も日常になじみ、秋まで着まわせるはず。(樋口さん)


14 白地のTシャツで気品はキープ

このスタイリングのポイントは、AラインスカートをチアフルなプリントTでハズしたところ。相反するテイストどうしのかけ合わせによって、両方の魅力が引き立つのでぜひ試してほしいです。(石関さん)


15 気楽なTシャツの飾りとして最適

ワンツーコーデをあっさり見せたくないなら、サスペンダーも便利。てっとり早くオシャレ感を足せるのでオススメです。シックな黒を選べば、ボーイッシュになりすぎず都会的に使えそう。(出口さん)


16 ルーズなシャツだと抑揚をつけやすい

ワントーンコーデって、服を重ねれば重ねるほどオシャレだと思うんです。シャツにそなわるハリ感がのっぺり見えやすい白の上下にメリハリを生み、シャープな雰囲気をかなえてくれる。(岩田さん)


17 着方次第で表情の変わる白と黒

白シャツと黒パンツのようにまじめなアイテムって意外とアレンジ幅が豊富。適当に着くずしたり、ビーサンを合わせたり。ふつうに着るのもいいけれど、わざときちんと着ないのもシャレて見える。(樋口さん)


18 フラットシューズでもバランスがとれる

スタイルよく見せたいときトップスのタックINは常とう手段ですが、あえてずるずるの上下で視線を縦に流す着方もいい。緩急をつけないシルエットに新鮮さもあり、着まわしのネタになりそう。(渡邉さん)

GISELe編集部

最終更新:7/15(月) 12:00
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事