ここから本文です

【加部究のフットボール見聞録】膨らみつつある大学生フットボーラーの可能性

7/15(月) 19:59配信 有料

SOCCER DIGEST Web

「高体連出身なのか、ユース育ちなのかは、すぐに分かる」

天皇杯2回戦で明治大は川崎に0-1と惜敗。あと一歩及ばなかったが、FC東京内定の安部⑨らの健闘が光った。(C)SOCCER DIGEST

 ひと昔前の大人は、概して体育会系が大好きだった。企業人も学校の先生も速やかな上意下達を常識と捉えていたから、「どうして?」と口を尖らせる新入社員や子どもたちには、生意気で面倒なヤツとレッテルを貼られる運命が待っていた。
 
 大学で指導経験を持つコーチが、笑って教えてくれた。
 
「高体連出身なのか、ユース育ちなのかは、すぐに分かります。前者は何を話しかけても『はい、大丈夫です』と元気良く受け入れる。一方、後者は自信過剰なくらい、自分の言葉で饒舌に話します」
 
 思い出したのは、スペインでの指導経験を持つコーチの話だった。
 
「日本の子どもたちは、『これをやれ』と言えば黙って始める。でも、スペインの子は、練習メニューが効果的だと納得しなければ帰ってしまう」
 
 単純にスペインに近づきたければ、上司や先生が嫌がる面倒な子を育てるべきだとの仮説が成り立つ。
  本文:1,709文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:7/16(火) 0:05
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る