ここから本文です

上野樹里「“のだめ”は一番長く演じた大好きな作品」13年ぶり“月9”に感慨<監察医 朝顔>

7/15(月) 6:00配信

ザテレビジョン

7月15日(月)に第2話が放送となる“月9”ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。同作で主演を務める上野樹里が、作品や“月9”への思いなどを語った。

【写真を見る】白衣を来た上野樹里演じる“朝顔”&こちらも久しぶりの“月9”出演の山口智子演じる“茶子”

「―朝顔」は同名コミックが原作。法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野)と、父である刑事・平(時任三郎) が、解剖や捜査で遺体の“謎”を解き明かすサスペンスフルなストーリーと、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心を救っていくハートフルな物語が共存する作品だ。

■ 「魂が震えるような思いがしました」

――いよいよスタートした「―朝顔」。物語について、どのように感じられましたか。

このドラマの概要やストーリーを初めて聞いたとき、魂が震えるような思いがしました。

朝顔の母親は東日本大震災で今もまだ行方不明という設定なんですが、現実にもそういう状況で苦しんでいる人はたくさんいらっしゃるし、災害以外でも最期がわからないまま亡くなった方や生き延びても元の生活を取り戻すことができない人は大勢いる。

そして、災害国である日本がこれまでの経験やほかの国の例を学び、より良い環境になる国になってくれたら嬉しいです。

そういういろんな人の報われない気持ちだったり、悲しい想いを、朝顔という人間を通して考えるきっかけにしてもらえたらいいなと思います。

遺体は嘘を付けません。そこには絶対に変えられない“証拠”があるからこそ、うやむやにしてはいけない。

今回私が演じる法医学者は、キツくて苦痛も伴う本当に大変な仕事ですが、遺体の解剖によってその人がどのように殺されたか、なぜ殺されたのかまで解き明かすことは残されたご遺族のためにもとても意味があるんじゃないかと思います。

――父のベテラン刑事・万木平を演じる時任三郎さんとは、上野さん主演の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(NHK総合2011年)で“父娘”を演じた間柄。ただ、上野さん演じる江が赤ちゃんのときに父親が死んでしまったため、今回が実質初共演だそうですね。

そうなんです。大河から8年を経ての“初共演”がこの作品で本当に良かったなと思うし、2011年「江―」に出演していたときに東日本大震災が起こったんですよね。そういういった意味でも、いろいろなご縁を感じます。

時任さん演じるお父さんと朝顔は仲のいい父娘ですが、職場が近いこともあって、適度な距離感も。その絶妙な関係が面白いです。

お父さんと家にいるシーンは、昔ながらの日本家屋でちゃぶ台を囲んでいて。

先に帰ったほうがご飯を作るという感じで交代に料理当番をしているんですけど、不器用でも2人で力を合わせて生きていく姿を見て、なんか和むなとか、当たり前かもしないけどこうして家でご飯を食べるって大事だなって、自分の身体を労わるって必要だなって感じてもらえたらうれしいです。

――食事のシーンは、監督もかなりこだわっていると聞きました。

監督に最初「お父さんとのシーンで何を大事にしたいですか?」って聞いたら「食べる! とにかく食べてもらうから。それだけ」って言われたんです(笑)。

で、実際の食事シーンもカットを割らずに撮ることが多くて、お味噌汁から始まり、いろいろなお皿に手を出して片付けるまで一連。

ワンテイク目にオッケーが出ることが多いので、もっと食べていたいなって思います(笑)。

でも監督はそれくらい2人の自然な生活感や空気を切り取りたいんだろうなって。

母がいないからといって決して暗い感じになるわけでもなく、2人にとっての“当たり前”をナチュラルに出していけたらいいなと思います。

■ 「“のだめ”は人生で一番長く演じた大好きな作品」

――上野さんにとって月9ドラマは「のだめカンタービレ」(2006年フジテレビ系)以来13年ぶりですよね。ご自身の代表作を生んだこの枠にはどんな思いがありますか?

もう13年か…。“13年”と言えば、私が初めてオーディションを受けたのが13歳で、生まれてからそこまでの年月と同じだけの時間が経ったんだなって。

かなり長い間、旅をして戻ってきたような感覚がします。

“のだめ”は人生で一番長く演じた大好きな作品だし、その放送枠にまた呼んでいただけたのは光栄です。

先ほどお話した今回の平野(眞)監督も、私が10代のころ「エンジン」(2005年フジテレビ系)などでお世話になった方で、成長した姿を見せられたらいいなって。

先日は平野さんに「君、主役も作る側のスタッフだから」と言われて、最初は“え…?”と思ったんですが、そうやって気を遣わないでいてくれることがうれしい。

私も持ち場のパートで精一杯ベストを尽くし、みんなで楽しく作品を作れたらいいなという気持ちです。

――では最後に、劇中では「遺体を不祥の死にしない」という朝顔の強い意思が印象的ですが、上野さん自身の“信念”というと?

シンプルなんですけど、ネガティブをポジティブにする…ということ。

簡単にはいかないこともありますが、一人ひとりがひとつでもそれをできたら、世界がどんどんよくなっていくんじゃないかなって。

それこそ、こういうたくさんの人に見ていただける“ドラマ”という場所をいただいて、私は自分を使ってポジティブを発信できる。

とてもありがたいことだし、誰かが生み出した物語をメッセンジャーみたいな存在になって、普段は交わる機会のないような人たちにもこの作品の伝えたいメッセージを共有していけたらいいですね。

■ 7月15日(月)放送「監察医 朝顔」第2話のあらすじは?

朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。

時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、呆気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。

同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。

男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。

検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。

ほどなく、遺体が運びこまれた。丁寧に調べていく藤堂と朝顔。ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失って倒れてしまう。

そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30度以上もあった暑さの中で何故か凍死していたことを知るが…。(ザテレビジョン)

最終更新:7/16(火) 18:29
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事