ここから本文です

モウリーニョ、自身に“ふさわしいクラブ”からのオファー待つ 「復帰に飢えているが…」

7/15(月) 18:01配信

Football ZONE web

マンU監督退任から約8カ月、新天地決定には慎重な姿勢示す

 昨年末にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を退任したジョゼ・モウリーニョ氏は現場復帰に飢えているという。オフの間は解説の仕事や、スポーツ観戦を楽しんでいるようだが、自身に“ふさわしいクラブ”からのオファーを待ち望んでいるようだ。

「ジョゼ・モウリーニョ、フットボールへの復帰にハングリーになっている」

 このように報じたのは英衛星放送「スカイ・スポーツ」だ。モウリーニョ氏が昨年12月にユナイテッドを退任してから約8カ月が経ち、その間にもイングランド1部ニューカッスルの関心や、中国1部広州恒大からの巨額オファーも伝えられていたが、これらの打診は拒否したという。

 空白期間が続いているモウリーニョ氏はピッチでの指揮に飢えているようだが、新天地の決定には慎重な姿勢を貫いている。適切なクラブからのオファーを待っている状況だ。

「復帰に飢えているが、私はふさわしいクラブ、ふさわしいプロジェクトを待つことになる。そして、その間は自分の好きなことをしているよ。仕事は好きだが、他のスポーツを見るのも好きだからね。それらを楽しむにはいい機会だ」

 F1のイギリス・グランプリ観戦に訪れていたモウリーニョ氏は、「スカイ・スポーツ」の取材にこのように語っている。これまでにポルトガル、イングランド、イタリア、スペインと欧州列強国のリーグを制し、2度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝経験を持つ“スペシャル・ワン”にふさわしい新天地は、いったいどのクラブになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/15(月) 18:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事