ここから本文です

超豪華布陣! マンUがファーガソン政権で「獲得に失敗した11人」を英メディア選出

7/15(月) 20:10配信

Football ZONE web

最終ラインにマルディーニ、中盤にはガスコインやジダンの名も

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドで27年にわたって指揮を執ったのが、稀代の名将アレックス・ファーガソンだ。英ラジオ局「talkSPORT」は、そんな偉大な監督の長い在任期間中に「獲得が失敗に終わったベストイレブン」を選出した。元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや元ブラジル代表FWロナウジーニョなど、各ポジションにビッグネームが名を連ねた。

 ファーガソン監督は27年にわたる長期政権のなかで、フランス代表FWエリック・カントナやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドなど、数多くのトッププレーヤーを指導してきた。豊富な戦術、厳しい口調、勝利への飽くなき執念を兼ね備えた指揮官は、チームに勝者のメンタリティーを植えつけ、多くのタイトルを獲得した。

 ただ、ファーガソン監督と言えど、間違いもあれば、獲得に失敗した選手もいる。「talkSPORT」は、ファーガソン政権のユナイテッドが「獲得失敗に終わったベストイレブン」を選出している。

 守護神はチェルシーのレジェンドとなった元チェコ代表GKペトル・チェフ。2004年にチェルシーに加入する以前、レンヌにいた19歳当時のチェフを偵察しに行ったが、「彼はまだ若すぎる」と言って獲得を断念したという。

 最終ラインは4人。右サイドバックにはバイエルン・ミュンヘンのBチーム時代に獲得のチャンスがあったとされる元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム、左サイドバックにはバイエルンがユナイテッドからのオファーを断ったとされる元フランス代表DFビセンテ・リザラズが入った。また2人のセンターバックには、アンデルレヒト時代に獲得候補だったベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ、父親と会って獲得を断念することを決めたと言われる元イタリア代表DFパオロ・マルディーニが並んだ。

 セントラルミッドフィールダーは豪華な2人。備える能力などを鑑みて今後チームを脅かす存在になる前に獲得に動いたとされる元イングランド代表MFポール・ガスコイン、そしてボルドー時代に獲得の可能性があったジダンが選出されている。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 20:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事