ここから本文です

移籍騒動のグリーズマン、バルサとアトレチコに感謝 メッシとの共闘は「大きな喜び」

7/15(月) 16:40配信

Football ZONE web

円満とは言えない移籍劇、記者会見では古巣への配慮も強調

 フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンはアトレチコ・マドリードからバルセロナへの移籍が正式に決まり、現地時間14日に公式記者会見に臨んだ。移籍を巡って両クラブが解釈の違いでやり合っているが、グリーズマン本人は契約について言及せず感謝の念を告げたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真】“裏切り者”への怒りか… アトレチコのファンによって汚されたグリーズマンの記念プレート

「こんな機会を与えてくれたバルサに感謝したい。僕は挑戦をしていくこと、そしてここにいることに興奮しているんだ。僕をドキドキさせるのは、メッシと攻撃のイメージを共有できること。彼の近くにいることは大きな喜びになるだろう。

そしてコウチーニョも特別な力を持っているし、アルトゥールも視野が広い。マルコムはサイドで相手にダメージを負わせられる。みんな優秀な選手だよね」

 グリーズマンはこのようにバルサ移籍について語った。自身の加入によって立場が危うくなりそうなブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ、FWマルコムに気を遣うコメントを残すとともに、絶対的エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そしてウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの「MSGトリオ」結成に心躍らせている。

 それと同時に、これまで所属したクラブに対する配慮も強調した。

「まず僕と最初のプロ契約を与えたレアル・ソシエダに感謝したい。そしてアトレチコ・マドリード、(会長である)エンリケ・セレーゾ、ディエゴ・シメオネ監督、そしてクラブや代表で一緒になったすべてのチームメートにもだ。居心地の良い場所、家族、友人、チームメートがいる場所を離れるのは常に難しいことだ。僕はそのクラブをリスペクトしているだけなんだ」

アトレチコ側の声明については言及せず「申し訳ないけど…」

 グリーズマンがこのように語ったのも、アトレチコとバルサが移籍のタイミングについて“円満”と言えない状況で、なおかつアトレチコの一部サポーターがグリーズマンに対して快くない感情を表しているからだろう。

 アトレチコ側がたびたび出している声明については「申し訳ないけど、ピッチの上でプレーを見せるだけ」とグリーズマンは話すにとどめた。リーガの覇権を争う両クラブにとって新たな因縁となるグリーズマンは、その重圧を乗り越えてバルサで結果を残すことはできるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/15(月) 16:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事