ここから本文です

リバプールFWマネ、バロンドール有力候補に浮上か。代表でも決勝進出

7/15(月) 20:22配信

フットボールチャンネル

 バルセロナのFWリオネル・メッシや、リバプールのDFフィルジル・ファン・ダイクが有力視されていた2019年のバロンドール受賞者争いだが、FWサディオ・マネも候補の一人として評価を高めつつあるようだ。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 昨季リーガエスパニョーラや、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝までの活躍により、史上最多の6回目となるメッシのバロンドール受賞は早い段階でほぼ確実になったともみられていた。だがリバプールが大逆転でバルサを下してCL決勝へ進み、そのまま優勝を飾ると、ファン・ダイクが大きく評価を高めた。

 昨季終了直後の時点で、英国主要ブックメーカーのオッズではファン・ダイクがメッシを逆転。事実上両者の一騎打ちが予想され、マネはチームメートのFWモハメド・サラーと並んで大差での3番手という評価だった。

 だが今夏に行われた代表チームの大会では、ファン・ダイクのオランダ代表はUEFAネーションズカップ決勝で敗れて優勝ならず。アルゼンチン代表はコパ・アメリカ2019(南米選手権)で3位に終わり、メッシは退場や審判批判によりネガティブなイメージを残した。一方マネのセネガル代表は、現地時間14日に行われたアフリカ・ネーションズカップ準決勝に勝利し、決勝進出を果たしている。

 スペイン紙『アス』は、マネがセネガルをアフリカ制覇に導いたとすればバロンドールの有力候補になり得るという見方を伝えている。英メディア『HITC』も、SNS上でマネをバロンドールに推す声が強まっていることを伝えた。

 過去にバロンドールを受賞したアフリカ出身の選手は1995年のジョージ・ウェア氏(リベリア)のみ。19日に行われるアルジェリアとの決勝の結果と活躍次第では、マネは史上2人目の快挙に向けて前進することができるかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:7/15(月) 20:22
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事