ここから本文です

塩村文夏「野次セクハラ」被害者なのに女性に嫌われるワケ

7/15(月) 5:58配信

デイリー新潮

 女性候補は大きくふたつに分けられる。女に好かれる候補と、女に嫌われる候補だ。その意味で、塩村文夏元都議(41)は間違いなく後者に該当するだろう。野次セクハラの被害者として知られる彼女は、しかし、なぜか「女の敵」扱いされ続けているのだ。

 丸川珠代氏の独走状態が伝えられる東京選挙区で、当落線上にいるのが立憲民主公認の塩村氏である。

 政治部デスクの解説によれば、

「大混戦とはいえ、前回もトップ当選の丸川に加え、組織票が見込める公明の山口那津男、共産の吉良佳子も底堅い印象。現職の武見敬三や、勢いのある山本太郎も当選圏内です。立憲民主からは元朝日新聞記者の山岸一生も出馬するため、6議席を争う戦いは最後まで予断を許しません」

 となれば、まずは選挙戦に集中したいところだろうが、都議時代に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などと野次られて知名度を上げた塩村氏には、いまもトラブルのタネが尽きないようだ。

 彼女への憤りを隠さないのは国民民主党の関係者である。

「そもそも、塩村さんはうちの衆院広島3区の候補に内定していた。それなのに、今年1月にいきなり立憲民主党に鞍替えして参院選に出馬すると言い出した。親身になって応援してきた地元の支援者がそれを知ったのは発表の前日ですからね……」

 仁義なき鞍替え劇で不興を買ったかと思えば、参院選を前にこんな騒動も。

「女性議員や弁護士に着払いで下着や健康食品を送りつける嫌がらせが相次ぎ、今年2月に被害女性たちが会見を開きました。被害者のひとりだった塩村さんも彼女たちと関わっていたのですが、意見が対立して距離を置かれてしまった。その後、彼女たちの一部から立憲民主の議員に“塩村は公認候補にふさわしくない”と暗に公認の取り消しを求める圧力が掛かったのです」(政治部デスク)

女の敵は女

 塩村氏の「女難」はそれだけに留まらない。

「現在、無所属の柿沢未途代議士は立憲民主に秋波を送っているため、本来は塩村さんを応援する立場。ただ、彼の妻の元都議は、みんなの党で同僚だった頃から塩村さんと犬猿の仲なので、マトモな支援を得られないそうです。また、立憲民主で東京4区の総支部長を務める井戸正枝元衆院議員も、彼女に冷淡な態度を見せているとか」(同)

 井戸氏のツイッターを覗けば一目瞭然だ。

 JAXA職員の水野素子氏が国民民主党から東京選挙区への出馬を表明した際には〈党は違えど、JAXA愛を共有する者として頑張ってほしい!〉(5月23日付)と、あろうことか塩村氏の対抗馬を応援。

 さらに、塩村氏の選挙ポスターの束の写真を載せたツイートには、〈毎度のことながら大量の単純作業 瞑想の時間っすな〉(6月30日付)という身も蓋もないコメントが添えられる。

「女の敵は女」と言うけれど、よくぞここまで嫌われたものである。

 とはいえ、この程度で挫けるような「鼻っ柱」では、波乱の選挙戦での勝利など望むべくもないのだ。

「週刊新潮」2019年7月11日号 掲載

新潮社

最終更新:7/15(月) 5:58
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事