ここから本文です

「監察医 朝顔」で月9に帰ってきた上野樹里 好スタートの陰で「ズルい!」の声

7/15(月) 5:59配信

デイリー新潮

 実に13年ぶりの“月9”主演という上野樹里(33)。7月8日の初回放送は、視聴率13・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)と最高と言っていい滑り出し。

 監察医の娘(上野)がベテラン刑事の父(時任三郎)とともに、遺体の謎を解明していくドラマで、月9らしくない真面目な作り。だが、その一方で、同業者からは「ズルい!」との声も。

 ***

 彼女の月9主演は2006年に放送された「のだめカンタービレ」(玉木宏とのW主演)以来という。周りから変態と言われるほど型破りだが天才的なピアノの才能を持つヒロインは、上野のキャラそのもの。女優として何でも演じられ、天才の名を欲しいままにした。にもかかわらず、13年も月9主演から遠ざかっていたとは……。

 民放プロデューサーが振り返る。

「朝ドラ『てるてる家族』(03年度下半期)では、行き詰まるとマンボを踊り出すという、珍妙なヒロインの妹役も自然に演じ、10代から20代半ばまでは、まさに天才的な演技を見せた。しかし、11年に彼女が主演した大河『江~姫たちの戦国~』(NHK)で評判は急降下。NHKも何を考えたのか、主人公の幼少時代に子役を使わず、6歳の少女を当時24歳の彼女に演じさせる無茶ぶり。いくら演技派でもさすがに無理がありました。しかも史実とは大きく異なるストーリーで、“ファンタジー大河”と揶揄される始末。視聴者から批判も殺到。撮影時の彼女のわがままぶりなども報じられるようになり、大河以降はあまり起用されなくなっていました」(同)

 それまで毎年のように取っていた演技賞などからも遠ざかった。久しぶりにその名が挙がったのが昨年放送された山崎賢人主演の「グッド・ドクター」(フジ)。ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞した。

「コミュニケーションの障害をもつ山崎と違って、ヒロインの彼女はごく普通の医師役でしたが、奇抜なことはやらなくても演技の上手さが光っていました。フジもそれを評価し、今回、主役に起用したのでしょう」(同)

 だからなのか、月9らしくないと思われるほど、生真面目な作りのドラマだ。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 10:23
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事