ここから本文です

5130円の飲み代を倍の値段に…居酒屋のバイトが勝手にぼったくり請求した理由

7/15(月) 15:54配信

週刊SPA!

 飲食店で支払いを済ませようとしたら、実際に飲み食いした分より明らかに多い額を請求された。そんなトラブルが、ボッタクリの飲み屋でなくとも意外と多いようだ。

 会社員の白沢礼司さん(仮名・35歳)は共働きということもあり、普段から夕食は奥さんと待ち合わせをして外で済ますことが多いとか。だが、先日初めて訪れた地元最寄り駅近く居酒屋では、「7000円も余計に支払わされそうになった」と憤る。

どこにでもある普通の居酒屋だったが……

「通りから1本入った路地にある以前から気になっていた店でした。その店で飲んだという友人も大将が感じのいい人だったと話していたので、妻を誘って行くことにしたんです」

 その居酒屋はチェーン系ではなく、大将がオーナーを務める個人経営の店。ただし、当日は大将が不在だったそうで、数人の若いアルバイトしかいなかったそうだ。

「ごく普通の居酒屋という感じで、この時点ではスタッフの接客態度も特に問題があるようには思えませんでした。元気よく挨拶して、キビキビと動いていたので。でも、平日だったせいかお客さんは店内の3分の1も埋まっていませんでした」

 飲みよりも食事がメインだったので、アルコールはビールや酎ハイなどを夫婦で5杯。さらにつまみはサラダや焼き鳥、煮込みなど6品注文。もともと夫婦で居酒屋に行っても長居することはなかったため、この日も1時間程度で店を出ようとしたそうだ。

 ところが、レジで表示された金額は1万2420円。2人が飲み食いした分よりも明らかに高く、思わず目を疑ったという。

警察への通報をチラつかせる店員に「むしろ呼んでくれ!」と主張

「ドリンクとつまみを合わせて11品しか頼んでいませんし、お通し代もチャージ料もない店なのでこの請求額がおかしいのは明らかでした。しかし、そのことを店員さんに指摘しても間違いだと認めようとせず、『お客様が実際に注文された分ですから』と要は払えの一点張り。こんな経験は初めてだったので、驚いた以上に怒りがこみあげてきました」

 それでも感情的にならないように何度も説明したそうだが、店員は聞き入れなかった。それどころか「お支払いいただけないようだとこちらとしても……」と警察に通報することを示唆。

 これにはさすがの白沢さんも頭に来たそうで、「むしろ呼んでください。なんならこっちで呼びましょうか?」と言い返したそうだ。

「このとき妻はお店のメニュー表を見ながら私たちが注文した飲み物やつまみの料金をチェック。何度計算しても5130円だったことがわかり、妻と2人で改めて納得のいく説明を求めました」

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 15:54
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

8/13・20合併号

¥450

・逃げ切れない50代の末路
・新しい糖質制限の教科書
・特別対談 与沢翼×上原亜衣
・【インタビュー】霜降り明星

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事