ここから本文です

「余命半年だから付き合って」と不倫を誘う大学教授、驚きの現在とは?

7/15(月) 8:52配信

週刊SPA!

教授は今……?

その教授の授業に参加しなくなったことで、単位が足りなくなる恐れが発生し、余分に別の授業にも出席しなければならなくなった高倉さん。しかし、その判断は正しかったという。

「実はその教授が『余命半年』と言っていたときから5年経過したのですが、その方は今でも元気いっぱいにメディアに登場し、最近は本まで出版したと宣伝していました」

 実は「陰ながら必死の治療で病を克服した」のであれば良いのだが……。最低な口説き文句と権力を振りかざす大学教授たちが、これ以上勉強に励む若者の芽を摘まないでくれることを願う。<取材・文/穂高あんず>

【穂高あんず】
不倫研究家。何故か既婚者に口説かれる事が多いことから不倫男たちの生態と戦略について研究している。Twitter:@anzuhodaka

日刊SPA!

2/2ページ

最終更新:7/15(月) 8:52
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい