ここから本文です

久保史緒里が力説し、バナナマンはクイズに没頭。“乃木坂46愛”に満ちていた『乃木坂工事中』

7/16(火) 22:00配信

エンタメNEXT

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第23回となる今回の観測期間は7月8日(月)~14日(日)。

【関連写真】久保史緒里、高校3年生の等身大 制服グラビア写真

まず今アイドル界で大きなニュースとなっているのが、7月14日(日)放送『乃木坂工事中』(テレビ東京)で発表された乃木坂46の新選抜。24枚目シングルのセンターポジションを、加入1年にも満たない4期生の遠藤さくらが務めることが発表され、大きな驚きを呼びました。このニューフェイスの抜擢に、バナナマン・設楽も「新しい乃木坂だな」とコメント。キャプテン桜井玲香卒業のタイミングでもあり、大きく舵を切ったグループの今後に注目が集まります。

そんな衝撃のあった『乃木坂工事中』ですが、個人的にそれ以上に驚いたのは久保史緒里のマニアぶりでした。

前回に引き続き行なわれた企画「コレなら語れるグランプリ2019」で、久保は「乃木坂46」をテーマに講義。例えば楽曲『ひと夏の長さより…』のワンフレーズ「種の多いスイカみたいだった」について、久保は「2名」の歌い回しが「素晴らしい」と力説し、さらに声質などからその「2名」を生田絵梨花と桜井だと推測。久保は音源の歌声からメンバーを聴き分けるのが好きだそうで、驚きなのが「歌を聴くだけでフォーメーションが分かったりもするんですよ」という発言。いやもう、どれだけ“乃木坂愛”にあふれているんだ! もともと久保が加入前から乃木坂46ファンだったのは有名な話だけれど、とんでもないスキルまで身に付けちゃったんだなぁ。

また、この放送ではMCのバナナマンからも“乃木坂愛”が伝わってきました。メンバーの写真の一部を見て誰なのかを当てる「乃木坂46パーツクイズ」で、足元だけの写真を見て設楽が「(齋藤)飛鳥ちゃん」と答えて見事正解! いやこれ、相当好きじゃないと答えられないと思うんです。極めつけは、「乃木坂46イントロクイズ」で(なぜか)BOOWYの『B-BLUE』のイントロが流れたのに最初2人はまったく気付かなかったこと! バナナマンの2人が、大好きなBOOWYが頭から抜け落ちるほど乃木坂46クイズに没頭してくれた――これって、メンバーにとっては最上級にうれしいことだと思いますよ!

さてこの他に先週印象に残った場面を列挙するなら、まずは7月14日(日)放送『欅って、書けない?』(テレビ東京)で菅井友香が実演したセクシーな所作。後輩・田村保乃から色気の出し方を聞かれてそれに答えたものだったのだが、菅井がやるとどんなことでも面白い感じになっちゃうのはなぜなんですかね? 以前同番組で菅井が披露していた「セクシーな脱ぎ方」(6月2日放送)も面白かったし。「エレガントな女性」の所作をネットで調べてしまうような生真面目さも、余計に彼女の面白さを増幅させていると思います。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 22:00
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事