ここから本文です

前半戦終了! ランキングトップはジョニー・レイ!

7/16(火) 0:18配信

webオートバイ

パニガーレとバウティスタがシーズン序盤から快進撃!

日本人ライダー清成龍一+ホンダワークスの復活、そしてドゥカティ・パニガーレV4Rデビューと、話題が多く、本誌もガゼン注目している世界スーパーバイク選手権(=WSBK)ですが、ホントに今シーズンは話題と事件に事欠かない、目が離せない展開になっています。
ビッグサプライズのひとつ目は、パニガーレV4Rとアルバロ・バウティスタの快進撃! V4Rは、ライバル勢より完全にアタマひとつ抜けたプレミアムモデルだけに、元MotoGPライダーであるバウティスタの起用と合わせて、ドゥカティがハッキリとデビューシーズンチャンピオンを狙っていたのは明白ですが、そのバウティスタがまさかの連戦連勝!
開幕戦・オーストラリアから、なんと4戦11レースに連勝! 今シーズンから、WSBKは土曜にレース1、日曜に10周のスーパースプリント、スーパーポールレース(=SPR)にレース2と、1戦に3レースを行うなうことになりましたから、1戦最大獲得ポイントは、3連勝で62! レース1/2がフルポイント25ポイントで、SPRが12ポイントですから、1戦3勝では、1戦2位3回(=49ポイント:レース1/2が20ポイント、SPRが9ポイント)と比べると、13ポイントの差がつくんです。
というわけで、第4戦オランダ大会を終わって、11レース全勝(オランダでSPRが雪のため中止になったため1レース足りません)のバウティスタと、2位10回、3位1回のジョナサン・レイのポイント差は、なんと53ポイント! バウティスタこのまま全勝しちゃうんじゃないの? レイはどう頑張っても2位かぁ……なんて言葉が世界中にあふれ(たでしょう、きっと)もはや絶望とまで思われていたし、実際レイもこの頃はかなり弱気になっていたのです。
「あれ(パニガーレV4R)はピレリタイヤを履いたMotoGPマシンだ……」なんて弱気なコメントを残していたのは、KRTの首脳だったか、レイ本人だったか。

バウティスタの連勝がストップしたのは、第5戦イモラでした。レース1/SPRとレイが優勝し、レース2は豪雨のために中止と、ようやく一矢を報いた格好。それでも続くヘレスでは、またもバウティスタがレース1とSPRに優勝。しかし、レース2では転倒して、今シーズン初のノーポイントレースを演じてしまいます。
ただし、ここまではまだ「よくある勝負のアヤ」でしかありませんでした。バウティスタは、ヘレスまで6戦15レースで13勝で2位が1回、ノーポイントが1回という圧倒的成績。ポイントランキングでは、2位レイに41ポイント差をつけてトップを走っているのです。このヘレスで、ようやくマイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)が初優勝し、今シーズン3人目のウィナーとなりました。
けれど、このあたりで、ほころびがほんの少しずつ生じていたのかもしれません。
続く第7戦ミザノ。土曜のレース1は雨が強く、アレックス・ロウズ(ヤマハ)がトップ走行中に転倒し、レイが優勝、バウティスタは3位に終わりました。この3位で、「バウティスタは勝ち目のないレースでは無理せずに表彰台フィニッシュで充分、と考えている。やはりバウティスタは手強い」とレポートしたんですが……。
日曜のSPRでは、バウティスタが今シーズン14回目の優勝を達成し、レイは珍しく決勝中にスリップダウン→再スタートしての5位フィニッシュ。そしてレース2では、SPRで勝ってレース2のポールポジションからスタートしたバウティスタが、なんとトップ走行中に転倒! それも2周目に転倒という、今までに見られなかった展開で、レイが今シーズン4勝目。
「レースにもマシンにも油断があったのかもしれない」というバウティスタのコメントが、この後の展開を暗示することになろうとは、この時には思いもしなかったんですが……。

そして第8戦イギリス。舞台はWSBK専用コースとなって久しいドニントンパークで、地元大会でバウティスタとのポイント位差を縮めたいレイは、ウェットレースとなったレース1で優勝すると、このレースでバウティスタが転倒リタイヤしたことで、なんとポイントランキングを逆転! 9ポイントリードで迎えたSPRでもレイが勝ち、バウティスタは4位となってポイントリードが15に拡大。そしてレース2でもレイが優勝、バウティウスタは3位に終わり、24ポイントリードで前半戦のヨーロッパラウンドを終えることになるのです。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 0:18
webオートバイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事