ここから本文です

マンチェスター・シティを迎え撃つ 日本代表・畠中槙之輔が語る未来像

7/16(火) 12:09配信

footballista

マリノス好調の要因

畠中槙之輔は決して言葉を巧みに操り雄弁に語るタイプではない。自身でも自らを「人見知り」だと評する。だが、取材者に対しては真摯に向き合って対応してくれる。そして、言葉少ない中から負けん気と芯の強さを感じさせる。取材日は代表戦の翌日であったにもかかわらずロングインタビューに応じてくれたことへの感謝を込めて、長文になってしまったがなるべく削らない形でお届けしたい。

インタビュー・文 MCタツ
写真 鈴木奈保子

――新加入選手がすぐにフィットする理由はシティ・フットボール・グループのスカウティング力が影響しているのでしょうか? 畠中選手もマリノスのサッカーに合うだろうとスカウトが目をつけて獲得に至ったと思うのですが。マリノスは馴染みやすかったですか?

 「僕が来た時、3バックをやっていたのですが、あの時は普通の3バックではなかったので訳がわからなくて。『なるようになる』くらいに思っていました。ただ、状況状況で思い切ってプレーすることを心がけました。3バックですが、CBの両脇がどんどん前に絡みに行って、何ならボランチの隣にポジションを取ったり。(マリノス)デビュー戦は天皇杯の仙台戦だったのですが、ペナの近くまでオーバーラップもしましたし、とにかく攻撃的でしたね。もうリスクしか侵さないみたいな(笑)。『これ上がって大丈夫なのか?』というのはすごくありましたよ」

――そのサッカーをやっていた時は『今後どういう選手になるのかな?』みたいな不安はありましたか?

 「ありましたよ。CBでも攻撃参加をすごく求められますし、僕にとって攻撃は楽しいから良かったですけど。良い意味でのカルチャーショックではありました」

――今年は4バックで固定され、現在はレギュラーをつかんでいます。非常に順調ですが、このようなイメージはシーズン前から描けていましたか?

 「今年の始めはケガで出遅れて、キャンプまではサブ組だったので、開幕戦のスタメンを取れるとは思ってなかったですし、出続けられるとも思えませんでした。ましてや代表なんてまったく想像していませんでした」

――今季、チームの好調の要因はどこにあると思いますか?

 「点を取る時の圧力が、去年よりも増しているなと思います。しっかり点を取るべき選手が取ってくれているのが大きいですね。チーム全体でゴールを奪う意識が以前よりも増しています。例えば、クロスに対しても人数をかけられていない時は点を取れていないですが、点が取れている時は2人、3人とペナの中に入っています。その辺りが良くなっていると思いますね」

――去年から多少メンバーは変わりましたが、そのあたりの難しさはなかったですか?

 「フォーメーションやメンバーは変わりましたが、誰が出てもやることも変わらないですし、そんなに大変さは感じないですね」

――マリノスのサッカーはGKがポイントだと思いますが朴一圭(パク・イルギュ)選手が加入しての変化を感じたことはありますか?

 「そんなに感じていないですね。(飯倉)大樹くんもパギ(朴)くんもどちらもシュートストップが巧いですし、足下もどちらも巧いから。僕はどっちが出てもプレーを変えることはないですし、2人ともに信頼していますね」

――前所属の東京ヴェルディ(以下ヴェルディ)とマリノスの違いはどのようなところに感じていますか?

 「選手の質もありますが、やっぱりマリノスの勝利に拘る姿勢というか、勝ちたいという気持ちはより強いと感じます。ヴェルディが決して弱いというわけではないですが、J1で長年やってきているだけのものがあるなと思います。経験豊富な選手も多いですし、戦い方一つとっても、時間の使い方、ボールの回し方とか、要所要所で差を感じましたね」

――今マリノスだと、誰と仲が良いんですか?

 「朴くんと(広瀬)陸斗と、あと(扇原)貴くんとか(大津)祐樹くんとかですかね。でもチーム全体として本当に仲良いですよ」

――チームメイトとはけっこうサッカーの話をしますか?

 「サッカーの話もしますが、普段はゲームの話とか。みんなスマブラやっています(笑)。あとはどこかに買い物行こうとか、そんな話をしますね。やっぱり歳が近い人と一緒にいることが多いです。陸斗は同い年ですし。今は(中川)風希もいますけど、来た時最初は同期がいなかったので。同い年が来てくれたので、今はよく一緒にいますね」

――海外サッカーはどれぐらいご覧になりますか?

 「海外サッカーは週1で見ていますね。チームはリバプールとか、(マンチェスター・)シティを見ることが多いですね。シティの攻撃サッカーはマリノスと通ずるところもあるので、見るようにしています。ただ、プロになるまでは海外サッカーどころかJリーグも含めてサッカー自体まったく見ていませんでした。ある意味自分の仕事に活かすために見始めたというか、勉強にもなりますし、見なきゃまずいなって(笑)。見ているとやっぱり自分がここに立ったらどういうプレーをするのだろうと考えるようになりました」

――やはりCBを中心に見ますか?

 「そうなりますね。選手でいうとシティのエメリク・ラポルト選手です。ラポルト選手は左CBで左利き、僕は右利きですけど、プレースタイル的にも近い部分があるので、参考にしています。CBでも足下の技術が高いから、取られないし運べるし、相手の嫌なところにパスを通せる。守備面でも相手のスピードに乗った選手でもしっかり対応できるし、カバーエリアも広いし、競り合いも強いですよね」

――CBをやり始めたのはいつからですか?

 「CBをやり始めたのは小5です。ヴェルディジュニアに入ってから。最初CBって言われた時は正直嫌でした(笑)。サッカーは点を取ってナンボだと思っていたので。前のチームではFWとか、点を取ることばっかりやっていました。小学生の割には身長が高かったので、それでCBをやらされました。背が高い分、いろいろと有利なところがあったので、CBは最初からすんなりとできていたと思います。小6の終わりくらいから、CBで後ろにいるだけではつまらないと思って、ドリブルで前線まで行くようなことが増えていきました。そこから『CBでも攻めていいじゃん』と考えるようになりました。最初はCBの右をやっていたのですが、左をやり始めたのは、左の方が当時は前に運べるスペースが空いていたので。だから左をやりたいって言って志願しました。それからドリブルするCBになりました」

――ご自身の性格をどう思っていますか?

 「人見知りですよ(笑)。人と打ち解けるのに少し時間がかかる時もあります。ただ、最近は少しずつ自分を変えていきたくて、なるべく自分から打ち解けようとしています。もっと楽しく過ごそうと思って(笑)。少しずつ改善しているとは思います。最近よく自分で人見知りって言うと『そんなことないじゃん』と言われるようになってきました。ほんとここ最近ですが。代表でも初招集のときよりも2回目の方が周囲と良いコミュニケーションを取れていたと思います」

1/3ページ

最終更新:7/16(火) 19:10
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 072
8月10日(土)発売

定価980円(税込)

[特集]
19-20欧州各国リーグ展望
53人の要注意人物

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事