ここから本文です

トゥモローランドのスタッフが教える、人気アイテムBEST 5!

7/16(火) 12:10配信

GQ JAPAN

素材にまで踏み込んだものづくり、洗練されたデザインで確固たるポジションを築いたトゥモローランドのヒット商品は?

【人気アイテム5点を画像で見る!】

連載「Hit Items Best 5」について
デザインも機能もこなれていて、それでいてコストパフォーマンスにすぐれる服。連載「Hit Items Best 5」ではおなじみのブランドで人知れず売れているそんなアイテムを現場のスタッフが紹介する。

トゥモローランド トリコの半袖ニットTシャツ 14,000円 (すべて税抜き表示)

おすすめポイント:トゥモローランドが自信をもっておすすめする、ロングセラーのニットTシャツです。18ゲージで編み立てたニットにはカシミアに匹敵する光沢感としなやかさがあります。驚くほどさらっとした着心地はガス焼きで毛羽をていねいに取り除いた超長綿の賜物。手前味噌ですが、ボーダーの配色、バランスもじつに上品。ジャケットのインナーとして着ることが多い1着です(川辺圭一郎さん、メンズプレス)

コットン100%。水洗い可。

トゥモローランド ピルグリムのドレスシャツ 14,000円


おすすめポイント:トゥモローランド ピルグリムは“限りなくテーラーメイドの手法を採り入れたプレタポルテ”をコンセプトにしたレーベル。このシャツも例に漏れず、立体縫製と後身頃のダーツで抜群の着心地を実現しています。裁断からクセとり、縫製までハンドメイドで仕上げてこのプライスを実現することができたのは、がっぷり四つに組むファクトリーの存在があってこそ(早川佑さん、メンズドレスMD)

素材から襟型などのデザインまで幅広く展開。オーダーも可能。

トゥモローランドのセッテピエゲ 25,000円

おすすめポイント:セッテピエゲとは、イタリア語でsette(7つの)pieghe(折り目)という名のとおり7回折りたたんでタイに仕立てたもの。通常の倍の生地を必要とする、贅沢を極めた1本です。スカーフのようにふわりと広がるさまはエレガントなことこの上ありません。ヴィンテージを思わせる色柄は上質なシルクの証です(猪瀬亮さん、渋谷本店 マネージャー)

シルク100%。

コンバース×トゥモローランドのスニーカー 11,000円

おすすめポイント:トゥモローランドの創業40周年を記念して完成させたスペシャルモデル。オールスターの生誕100周年モデル、オールスター 100 ハイとコラボレートしました。良い履き心地を具現するリアクト・カップインソールをはじめ、100周年を謳うに足る進化を遂げたこのモデルをトゥモローランドならではの感性でブラッシュアップ。オリジナルカラーのネイビーで染めたコットンキャンバス、ネイビー×ホワイトで統一したヒールラベル、アンクルパッチでクリーンな印象に仕上げました。シューレースには現行のポリエステルではなく、あえて往年のコットンを採用しています(井上直哉さん、メンズプレス)

コンバースの生誕100周年を記念したオールスター 100 ハイの別注モデル。ネイビー、ホワイトの2色展開。

デニム×トゥモローランドのレザーライダース 120,000円


おすすめポイント:メゾンブランドのOEMを手がけるイタリアはフィレンツェのデニム社とコラボレート。“男のワードローブにあるべき定番レザーウェア”をテーマにしたシリーズの新作です。上品な着こなしに合うライダースを目指してつくりこみました。薄く仕上げたゴートレザーのぬめるような肌触りは病みつきになること請け合い。エポレットやウエストベルトを省いたシンプル・デザイン、そしてドレススタイルとの相性がいいランポ社のファスナーもポイントです(神谷真太郎さん、メンズバイヤー)

ゴートレザー100%。

竹川圭

最終更新:7/17(水) 9:54
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年9月号
2019年7月25日発売

800円(税込)

"はるたん"が帰ってきた! 奇跡の男、田中圭/特集:親とは、子とは、そしてファミリーとは? 自由な「家族」/菅田将暉、”LOVE”を語る

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事