ここから本文です

トランプの「国に帰れ」発言に全米が人種差別反対コール

7/16(火) 16:07配信

ニューズウィーク日本版

<自らに批判的な民主党の新人女性議員4人に宛てたツイートが大炎上、「#人種差別の最高司令官」「#トランプはレイシスト」がトレンド入り>

ドナルド・トランプ米大統領が7月14日、自らに批判的な民主党議員4人に対して「国に帰れ」とツイートしたことが大炎上している。ツイッターのユーザーたちはトランプを「レイシスト(人種差別主義者)」と強く非難し、「#RacistInChief(人種差別の最高司令官)」「#TrumpIsARacist(トランプはレイシスト)」のハッシュタグが全米でトレンド入りした。

「大荒れのツイート」を見る

トランプは7月14日朝、民主党の「進歩的な」新人議員と同党のナンシー・ペロシ下院議長との間で移民対策をめぐる対立が続いていることに言及。これらの新人女性議員は「元々は政府が完全な壊滅状態にある国から来た」として、破産し犯罪まみれの国の再建を手伝ってはどうか、と促した。「ナンシー・ペロシも喜んで無料で帰国できるよう手配をしてくれるだろう!」

<標的は民主党の新人女性4人組>

ツイートの中でトランプは、この「進歩的な女性議員」が誰かを名指しはしなかったが、反トランプの急先鋒として注目を集める民主党下院の新人4人組、「スクワッド」のことを指しているのは明らかだ。トランプは、アレクサンドリア・オカシオコルテス(AOC)、イルハン・オマル、ラシダ・トレイブとアヤナ・プレスリーの4人はいずれも外国生まれのように言っているが、実際には外国生まれはオマルだけ。オマルは元ソマリア難民で、17歳の時に米市民権を取得した。他の3人は全員アメリカ生まれだ。

トランプの人種差別ツイートに真っ先に反論したのが、このところメキシコ国境の移民対策をめぐって移民保護に傾き過ぎる4人との確執が表面化していたペロシだ。ペロシは「女性下院議員に『国へ帰れ』と促したツイートによって、ドナルド・トランプの『アメリカを再び偉大にする』というスローガンは、『アメリカを再び白人の国にする』という意味だったことが確認された」と、トランプを非難した。

オカシオコルテスら他の民主党議員たちもすぐに、トランプのツイートを非難。大勢のツイッターユーザーも同様の反応を示し、14日午後には「#RacistInChief(人種差別の最高司令官)」「#TrumpIsARacist(トランプはレイシスト)」のハッシュタグがトレンド入りし始めた。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 19:47
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・20号
8/ 6発売

460円(税込)

【特集】パックンのお笑い国際情勢入門
世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事