ここから本文です

【川崎F】19日のチェルシー戦に向けてエースが意気込み~小林「やるからには勝利を目指す」

7/16(火) 19:36配信

ベースボール・マガジン社WEB

 7月16日、『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019』(7月19日19時・日産スタジアム)の公式記者会見が横浜市内で行なわれた。チェルシーからはフランク・ランパード監督とマテオ・コヴァチッチ、迎え撃つ川崎Fからは鬼木達監督と小林悠が出席した。

鬼木監督「魅せられるゲームを」

 7月19日に、川崎Fとイングランドの強豪チェルシーが横浜で対戦する。試合に先立ち、対戦する両監督とそれぞれのキャプテンが公式記者会見で抱負を語った。

 J1チャンピオンとしてチェルシーを迎える鬼木監督は、「素晴らしいチームと対戦できることを楽しみにしている。自分も、選手も、まずはゲームを楽しみたいし、多くのサポーターが(会場に)来てくれると思うので、魅せられるゲームをしたい。自分たちが通用するのか、(試すためにも)本気で戦いたいし、見ている人が楽しめるように、試合の主導権を握りたい」と、意気込みを口にした。

 小林も「素晴らしいチームと対戦することを楽しみにしている。今、僕たちの力がどれだけ通用するかをぶつけていきたい。やるからには勝ちを目指して戦う」と言葉に力を込める。

 また、川崎Fと戦うチェルシーのランパード監督は、2012年にチームのキャプテンとしてクラブ・ワールドカップに出場している。「日本に来られて大変うれしく思っている。以前は選手としてきたけれど、(日本人は)いつも温かく、もてなしてくれる」と、当時を振り返りながら、来日の喜びを語る。そして、「金曜日の試合を楽しみにしている」と続けた。

 コヴァチッチは「金曜の試合は次のシーズンへの準備という意味でも非常に重要だし、日本のファンの前で良い試合をしたい」と、川崎F戦を見据えた。

 試合は7月19日(金)、19時に神奈川県横浜市の日産スタジアムでキックオフを迎える。

サッカーマガジン編集部

最終更新:7/16(火) 19:36
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事