ここから本文です

『遊戯王』作者がイラストで選挙投票呼びかけ賛否、謝罪へ 参加促す著名人たち

7/16(火) 17:27配信

KAI-YOU.net

『遊☆戯☆王OCG デュエルモンスターズ』の原作者・高橋和希さんのInstagramの7月15日付で投稿した内容議論を呼んでいる。

【画像】議論呼んだ高橋和希さんの投稿

投稿には、作中のキャラクターが「独裁政権=未来は暗黒次元(ダーク・ディメンション)」「ホント…日本て住みづらくなっちゃった…」という吹き出しが加えられたイラストがアップ。

さらに、「決闘者のみんな!今こそ正義の一票スタンバイだぜ!!」と選挙への参加を促している文言が添えられている。

作中に登場するキャラクターに政治的表現をさせたことに対して、賛否両論を含めたコメントが多く寄せられ、高橋さんは翌日謝罪した。

「作品の政治的利用」か「政治的信条の表明の自由」か

「正直な意見を共有してくださって、とても嬉しいです!!」「勇気ある発言嬉しいです!」といったコメントの一方で、「どの政権を支持するのも自由ですが、発言にキャラクターを巻き込むのはちょっと」「キャラクターに言わせるのはどうなのでしょう…?」など作品と政治を絡めた内容に賛否両論が巻き起こった。

また、政治的信条の表明は自由だが、「売国」「独裁者」という言葉の表現に対する違和感も意見として挙がっている。

これに対し高橋さんは、「なにやらお騒がせしております。いろいろ意見を頂き、キャラクターに政治的表現をさせてしまった事、ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」と、Instagramにて謝罪した。

著名人の政治的発言が話題

選挙が近づきネット上でも著名人の政治的発言が話題になることが多くなってきている。

俳優の浅野忠信さんは自身のTwitterで「投票は白紙でもいいんだって」とツイート。

これにも賛否両論多くのリプライが集まり大きな話題となったが、浅野さんはその多くのリプライのリツイートし拡散。

その後、「みなさんのたくさんの意見に感謝します。何しろ私は白紙ではなく信じられる候補者を選んで投票に行きます!」と書き込み結果的に、選挙に対する注目を集め、好意的な反応が相次いだかたちとなった。

ほかにも「ヤクブーツはやめろ」で社会派ラッパーとして知られるSHOさんは選挙街宣車のマイクをジャックし選挙運動を盛り上げた。パフォーマンスには500人近い人が駆けつけ多くの人が集まった。

著名人の政治や選挙への言及には批判も集まるなか、政治的言及が難しいとされる日本の著名人がこうして投票を呼びかけることで、選挙への関心も高まる側面も決して見逃してはならないだろう。

森田将輝

最終更新:7/16(火) 17:27
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事