ここから本文です

高校生「オナラ防止パンツ」開発の背景にある、日本の学校の悲壮な現実

7/16(火) 16:26配信

ニューズウィーク日本版

<日本の学校ではなぜか「排泄」という生存に不可欠な行為について、他者を許容し、配慮を示すことを重視しない>

高校生向けの媒体「高校生新聞」が伝えたところによると、東京の男子高校生3人組が、「オナラの音と臭いを消すパンツ」の開発に取り組んだそうです。「遮音」「吸音」「消臭」の3つの機能を兼ね備えたパンツを目指して、スポンジや活性炭をステンレス材ではさむという試行錯誤をしているそうです。

若者らしい、ユーモアも感じさせる科学実験で、商品化はできなくても、大学進学の際には一芸入試などで評価してあげていいと思います。微笑ましいエピソードだし誰もが応援したくなるニュースです。

ですが、記事の中で一点だけ気になる点がありました。それは研究グループの1人が、「周りが気になりオナラを我慢して体調を崩してしまう。そんな誰にでも思い当たる悩みを解消するパンツを作ろうと思いました」と発言していた部分です。

ある世代から上の人々には「オナラを我慢して体調を崩す」などということが「誰にでも思い当たる悩み」だというのは、信じられないかもしれません。もちろん、人前で「ブッ放す」のではなく、そっと席を外してまた戻る、周囲はそれを揶揄しないというのが常識、上の世代ではそう考えるはずです。

ですが、冷静に考えれば、この若者たちはピア・プレッシャー(仲間からの同調圧力)の中で事実上「学校での大便を禁じられた」経験があるのではないでしょうか。大便が禁じられている中では、「オナラ」に対しても強い禁忌の意識があるのは当然であり、切実な問題として受け止めなくてはなりません。

ということは、この3人の若者のプロジェクトは、ユーモアを中心とした科学実験ではなく、どうやら真剣なニーズに基づいたものとして進められている、そう考えることができます。

そうであれば、話は別です。話の前提が悲壮に過ぎるからです。

人間は、非常に未熟なうちに生まれるので、排泄という生存に必要な行為について順番に学んでいきます。最初は、親の介助を得て行い、やがて自立するという順番です。

自立には3つの意味合いがあります。1つは、親の介助がなくても物理的に排泄ができるということです。2つ目は、排泄に関する禁忌を理解する、つまり排泄物は不衛生だとか、不快だという前提で排泄行為と排泄物の処理を社会的に認められた規範の中で行うということです。3つ目は、排泄にまつわる不快感を前提としつつ、不快感を抑えて排泄する他者について許容したり、言及を控えて配慮を示したりするということです。

この3つができて初めて、人間は排泄において自立することになります。これは生存という意味でも、集団に適応する社会的なスキル獲得という意味でも、重要な訓練になり、親や社会はその訓練を重要視するのが通常です。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 17:57
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事