ここから本文です

仮想通貨を題材にしたハリウッド映画、それは「わかりきった真実」の域を出ていなかった

7/16(火) 12:31配信

WIRED.jp

仮想通貨のビットコインをテーマにしたハリウッド映画『CRYPTO』が4月に米国で公開された。この作品には仮想通貨に絡んだ話が確かにたくさん出てくるが、そのテーマは実は仮想通貨ではなく、失われた田舎の素朴さ、ドラッグや犯罪、気候変動、外国人といったよくあるもの。確かに仮想通貨について考えるきっかけにはなるが、もっぱら男性が活躍する貧弱なハッキング映画にすぎなかった──。『WIRED』US版による辛口レヴュー。

仮想通貨を考える機会にはなる

仮想通貨(暗号通貨、暗号資産)のビットコイン、いやブロックチェーンと言うべきかもしれないが、それはもはや退屈な話題になってしまった──。そんな意見を耳にしたことがある人もいるだろう。しかし、一概にそうとも言えない。なぜなら、本当のドラマはクラッシュのあとに起きるものだからだ。

仮想通貨交換所の最高経営責任者(CEO)を務めていた30歳の男性がインドの児童養護施設でヴォランティア活動をしていたときに、クローン病による合併症で急死したという話がある。その結果、暗号鍵が不明になり、交換所の資産は実質的に凍結された。

ところが、このニュースの裏では「身元情報が偽造されていた」とか「違法なサイドビジネスが展開されていた」とか、はたまた「1億ドル(約110億円)相当の仮想通貨が失われた」といった謎めいた話も出ている。一連の出来事が映画化されれば、お金を払ってでも観に行きたいところだ。

その代わりと言うわけでもないが、ハリウッドから映画『CRYPTO』(日本未公開)がお目見えした。ビットコインバブルがまだ弾けていなかった時代に制作が開始された作品だ。当時は盛んだった数々の怪しいビットコイン投資と同じように、この作品もトレンディーなトピックに名を連ね、ブームがさらに拡大するよう期待されていた。

豪華キャストを迎えたが……

ジョン・スタルバーグ・ジュニアが監督を務めるCRYPTOは、カート・ラッセル、アレクシス・ブレデル、ルーク・ヘムズワースといった豪華キャストを迎えるなど、ヒットを狙っていた。しかしながら、この作品の公開はあまり大々的ではなく、米国の一部の映画館で4月に上映されたほか、インターネット上でストリーミング配信された。

ボー・ナップ演じる主人公のマーティンは、銀行でコンプライアンス調査を担当している。だが、「愛国心」ゆえにマネーロンダリング対策に関する法令を遵守することに執心した結果、ニューヨークの本店から追い出されてしまう。

自分の故郷である地方支店に飛ばされたマーティンは、この街が近代化の闇に飲み込まれている光景を目の当たりにする。再開発で立ち並ぶ高級住宅街、オピオイド中毒の主人がいるアートギャラリー、そして突然の冷害に見舞われたマーティンの父親が経営するジャガイモ農場──。

こうしたなか酒屋の主人は、仮想通貨の発行によって資金を調達するイニシャル・コイン・オファリング(ICO)への参加を呼びかけていた。街の人がビールの6本入りパックを盗むのを見過ごしながら、倉庫で仮想通貨のマイニングに取り組んでいる。彼は、これで1日に500ドル(約5万4,000円)を稼いでいた。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 12:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事