ここから本文です

ヒプマイ、ももクロ、清竜人ら10組共演した一夜 EVIL LINE RECORDSフェスレポート

7/16(火) 21:05配信

KAI-YOU.net

さらに熱狂の渦へ

圧巻のステージでオーディエンスを驚かせたのはロックバンド・ドレスコーズ。

小松菜奈さんと菅田将暉さんがW主演をつとめたことでも話題になった映画『溺れるナイフ』の主題歌「コミック・ジェネレイション」のイントロが流れた瞬間、フロアからは歓声が起こった。

会場が徐々にヒートアップしていく中、新作アルバム『ジャズ』のリード曲「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」、映画『GANTZ:O』の主題歌となった「人間ビデオ」と、人気曲を次々と歌唱していく。ラストは、ももいろクローバーZに提供したナンバー「天国のでたらめ」のセルフカバーを初披露した。

会場がドレスコーズの世界に引き込まれる中、玉井詩織さん(ももいろクローバーZ)とTeddyLoidが登場。

ロックバンド・頭脳警察の楽曲で、故・内田裕也さんのトリビュートの意味も込めて制作された「コミック雑誌なんかいらない」を、TeddyLoidがアレンジ/プロデュースしたフェス限定のコラボカバー曲を披露。アグレッシブに歌い上げ、会場をさらに沸かせた。

特徴的なエレクトロサウンドが鳴り響き、今度はTeddyLoidによるパフォーマンスがスタート。

「Game Changers (LAST BOSS Mix) with 中田ヤスタカ (CAPSULE)」、「Winners feat. Reol & Giga」。「もののけ姫 2018 feat. MeraLoid (TeddyLoid EDM Remake)」「Forever Love (VIP Mix)」と立て続けに披露。隙間なく展開するダンスビートでオーディエンスをあおり、フロアを一気にパーティ会場へと染め上げた。

その流れを引き継ぐかのように、木村昴さんや白井悠介さんら人気男性声優12人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』より、かつて存在していた伝説のチーム・The Dirty Dawgのステージが開幕。

悲鳴にも似た歓声が沸き起こる中、DJにTeddyLoidを迎え、すぐさま「T.D.D LEGEND」で圧巻のラップを繰り広げる。「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- Special Medley」では、Division All Starsの代表曲3曲をThe Dirty Dawgによる一夜限りのスペシャルメドレーで披露。その力を大いに見せつけるパフォーマンスを行った。

3/4ページ

最終更新:7/16(火) 21:05
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事