ここから本文です

ヒプマイ、ももクロ、清竜人ら10組共演した一夜 EVIL LINE RECORDSフェスレポート

7/16(火) 21:05配信

KAI-YOU.net

最後まで走り抜けるももクロちゃん

ここまでずっと盛り上がりを見せてきたフェスも終盤に差し掛かかったとき、ファンにはお馴染みの楽曲「overture ~ももいろクローバーZ参上!!~」でももいろクローバーZが登場。

まずは激しいギターサウンドが特徴の「黒い週末」を熱唱し、続いて最新アルバムのリード曲「The Diamond Four」や、代表曲「行くぜ!怪盗少女 -ZZ ver.-」を披露。キャッチーで疾走感のあるナンバーと色鮮やかな照明に合わせて客席のサイリウムは軽やかに揺れ、曲に合わせていくつものコールが飛んでいた。

リーダーの百田夏菜子さんが「お前ら全員働けー!」と叫んでスタートした「労働讃歌」では、作詞を担当した特撮・大槻ケンヂさんが登場。まさかのサプライズコラボが実現した。

そして、満を辞してロックバンド・特撮のステージが開幕。およそ3年ぶりの再始動を発表したばかりの特撮だが、まったくブランクを感じさせない迫力で「オム・ライズ」、「アングラ・ピープル・サマー・ホリディ」を披露。

「人として軸がぶれている」でさらに貫禄を見せつけると、今度は大槻ケンヂの呼び込みによってイヤホンズが登場し、「林檎もぎれビーム!」でサプライズコラボを披露。強烈なインパクトを残した。

トリを飾ったのは、特撮×ももいろクローバーZによるフェス限定の新録コラボ楽曲「パーティーは今」。特撮を象徴するヘヴィなロックサウンドにももクロの歌声が融合した、まさにフェスのフィナーレに相応しいナンバーを投下し、会場はこの日一番の熱気に包まれた。

全出演者のライブが終了し、出演アーティストが再びステージに集結。各アーティスト達のMCの最後を飾った特撮の大槻ケンヂさんは、「これからもEVIL LINE RECORDをアーティストみんなでどんどん盛り上げていくのでみんな是非応援してねー!」と集まったファンへ感謝を述べつつレーベルを代表して場を締めくくった。

鳴り止まない拍手と歓声の中で出演者はステージをあとにし、この日の公演は幕を閉じた。

4/4ページ

最終更新:7/16(火) 21:05
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事